【オンラインお見合い】婚活もリモートが主流に!? メリット&デメリットとは

ウレぴあ総研

2020/5/25 10:30

外出自粛が少しずつ緩和されるこの頃ですが、まだ収束したわけではありません。

再び流行が始まる可能性があると思うと、出会いの場もオンラインへと移行する可能性があります。

たとえ友達から紹介されても、最初のうちはその人とはオンラインでお互いについて知ることになるかもしれません。

そこで今回はオンラインお見合いのメリット・デメリットをご紹介します。

■オンラインお見合いのメリットとは?

■1: お互いについて少しずつ知ることができる

オンライン上でお見合いするメリットは、お互いについて少しずつ知れること。

リアルな世界でデートをすると少なくとも3回目あたりまでに一定の結論を出さなければいけません。自分はまだ時間をかけて知りたいと思っても相手が急かしてくる場合もあります。

自分のペースで恋を進めたいと思っても難しくなりますよね。

しかしオンラインなら、おそらくリアルな世界でデートするよりもスピードがゆっくりになります。

最終的にはリアルな世界で会ってみないと判断ができませんが、初期の段階ではオンライン上で質問しながら相手について深く知れるはず。

■2: 気になることがあればメモができる

友達や知人から紹介されても、相手との相性が完全に一致するかは実際に話してみないと分かりません。

リアルな世界でデートした場合はさすがに相手に対して気になる部分があってもその場ではメモできませんが、オンラインデートなら何か物を取るフリをしながらこそっとメモを書けますよね。

落ち着いて話せるけれど、何か納得がいかないと思うならその気持ちを記録し、オンラインデートが終わったら自分なりに分析します。

紹介してもらったとはいえ相性が合わない人と付き合うのは難しいですから、オンライン上できちんと見極める必要があります。

■3: 人目を気にせずにゆっくり話ができる

外で会うとなると周りの視線が気になる人もいるのではないでしょうか?

カップルではない二人がお茶をしていると、見る人が見たら「あれってお見合い?」「あの人たちはきっと婚活だよね」とすぐに分かるものです。

元々、周りの視線を感じやすい、あるいは人の気持ちを察しやすい体質なら外で会うよりもオンライン上でお見合いをした方が、相手とゆっくり話せるかもしれません。

相手に聞きたいことも聞けて、自分も質問したいことを質問できます。カフェにいると隣の人たちの視線が気になりますが、お互いに自宅ならどんな話をしようと自由ですよね。



■オンラインお見合いのデメリットとは?

■1: 実際に会わないと最終的な相性の確認がしづらい

オンラインお見合いのデメリットは、最初のうちはオンラインでやりとりできても最終的には実際に会わないと相性の確認がしづらいという点です。

どれだけオンライン上で意気投合しても実際に会ったときに相手があまり魅力的に見えなかったり、一緒に行動しているうちに気になる部分がいくつも出てきたりするのは、よく聞く話……。

オンライン上でお付き合いを始めることもできますが、長く付き合いたいならやはり実際に会うというのが最終的には必要になります。

■2: 女性側は準備が大変!

オンラインお見合いとはいえ、これから付き合う可能性がある相手と話しますから女性側は準備が大変です。

付き合って数年が経っていれば「ごめん、今日はすっぴんでもいい?」と言えますが、まだお互いについて知らない段階ではさすがにそこまでわがままは言えません。

そもそも、すっぴんを見せられませんよね。どんなに疲れていてもメイクはしなければいけませんし、ファッションにも気を遣う必要があります。

そして部分的とはいえ自宅が映りますから片付けもしないと……。

リアルな世界でデートする場合は部屋が散らかっていても問題はないと思うと、オンラインお見合いにも少々面倒な部分はあるのですね。



今回の新型コロナウィルス感染症の流行によって新しい生活様式が求められています。

恋愛市場も例外ではなく、オンラインでのやりとりが必須になる可能性が高くなっています。

オンラインお見合いのメリット・デメリットについてもよく把握したうえで、素敵な恋を探しましょう!

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ