わからないから? バイセクシャルかパンセクシャルか明言しない人の理由

fumumu

2020/5/24 05:30

悩む女性(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
バイセクシャルかパンセクシャルか、いずれかだと思いつつもはっきり自分のマイノリティを明言せずに生きている人もいます。fumumu取材班は、その理由を聞いてみました。

(1)トランス等に出会う機会がないから


「自分はバイセクシャルかパンセクシャルかのどっちかだと思います。ですが、パンセクシャルは性にとらわれないので、バイセクシャルと違って、男性・女性以外も恋愛対象になります。


生活していてまだ、男性・女性以外に該当するトランスジェンダーなどと会うことがないので、自分がどっちなのかはっきり断言できない状況なんです。


もし、彼らに会うことがあっても、たまたまその人のことは恋愛対象じゃなかったのかもしれない。男性・女性以外の人と今までただ恋に落ちていない可能性が十分にあるので、自分はそういう人に恋に落ちない限りは、はっきりとバイセクシャルかパンセクシャルかと明言しないと思います」(30代・女性)


関連記事:トランスジェンダーってどっちの性を好きになるの?

(2)共通認識が曖昧だから


「私は調べた限りで、バイセクシャルは男性・女性のことが恋愛対象になる人、パンセクシャルはそれに加えて第3の性など男性・女性でくくれない人も恋愛対象に含まれる人だと認識しています。


ですが、LGBTについて発信する人の中には、バイセクシャル=パンセクシャルのような人もいます。セクマイだというとはっきり自分がどのマイノリティに属しているのかわからなきゃいけないと思う人もいると思いますが、必ずしもそうではないですしね。


『女性だけが恋愛対象で、男性は絶対に恋愛対象になり得ないからレズビアン』のように白黒はっきりしている人ばかりではないので、どこかで自分が折り合いをつけなきゃいけないものだと思います。ふわっとした自認でもいいと思いますし、現にそういう人が一定数います」(20代・女性)

(3)差別的に捉えられるかもしれないから


「バイセクシャルというと、トランスジェンダーなどは恋愛対象にならないので、差別だとする人がいます。


実際は異性愛者も同性に対して恋愛対象にならないのだから差別ではないか、など色々と考えるとキリがないのですが…。実際に、バイセクシャルに対してそういう目を向ける人もいるので、私はバイセクシャルとも、パンセクシャルとも言いません」(20代・女性)


自分のマイノリティをはっきり確立する必要はありませんし、どのカテゴリーにもうまく該当しない人もいます。パンかバイか、はっきりとその人が明言していないなら、わざわざ突っ込むのは野暮というものでしょう。

・合わせて読みたい→どっちも好きになるけれど男性とエッチできない…BかQかで悩む女子

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ