たけし“アベノマスク”ようやく届くも「小さすぎるよ。眼帯かと思った」

 タレント、ビートたけし(73)が23日放送のTBS「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)にリモート生出演。新型コロナウイルス対策で1世帯に2枚配布される布製の“アベノマスク”が届いたものの「小さすぎるよ。眼帯かと思った」と語った。

 たけしは「一番ひどい目にあってるのはオイラだよ」と語り、「マスク、やっと来ても小っちゃすぎるよ。眼帯かと思った」と感想を語った。さらに、俳優の高橋英樹(76)が“アベノマスク”を着用している姿を見て「マスクはこんな小っちゃいんだもん」と笑ったものの、全国にはまだ届ききっていない状況に「マスク、もう売っているよ」と語っていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ