【脚やせ】朝ベッドの中で「皮下脂肪はがし」とコレするだけ!|10秒ストレッチ

OTONA SALONE

2020/5/23 21:00



こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。

「脚を細くするために様々な運動をやってるが、なかなか効果が出ない、、、」

そんな人は、もしかしたら、太ももの皮下脂肪が固まり、筋肉に張り付いてるのが原因かもしれません。

一体どういった事なのか?解説していきますね!

太ももの皮下脂肪はがし


ますは解説の前に、筋肉に張り付いてる皮下脂肪を剥がす「皮下脂肪はがし」を実際にやってみて、その効果を体感してみましょう!

足の上げ下げをして、今の股関節の動きを確認します。



次に僕のツイートした動画を参考に、太ももの外側にある皮下脂肪を、摘んで、引っ張り、揺らしていきます。
これを膝寄りから股関節寄りまで満遍なく行っていきましょう!



では再度足上げを行っていきます。

いかがでしょう?先ほどより足が上げやすくなり、更に体がポカポカと暖かくなってるのがわかると思います。

このように皮下脂肪を剥がすと、関節の動きが良くなり、血流やリンパの流れも良くする事ができるのです。

皮下脂肪と筋肉の位置関係


皮下脂肪と筋肉の位置関係はこんな感じ。



このように筋肉の上に皮下脂肪があり、その上に皮膚があります。

筋肉が柔らかく動く人は、皮膚や皮下脂肪が筋肉からはがれているため、筋肉がスムーズに動くのですが、

筋肉の動きが悪い人は、皮膚や皮下脂肪が筋肉にべったり張り付いていることが多く、これにより筋肉がスムーズに動かずコリ固まってしまうのです。

そしてこの固さが、脚を太くする原因の一つになります。

脂肪と筋肉が固いと脚が太くなる!


脂肪が筋肉に張り付き、そのまま留まると、脂肪も筋肉も固くなります。

すると膨張してパンパンになり脚が太くなってしまうのです。

そしてパンパンに膨張してる時は、血流やリンパの流れも悪くなってるので、この状態で運動を行っても、思ったような効果が出なかったりします。

なので皮下脂肪はがしで、脂肪を筋肉からはがし、脂肪も筋肉も柔らかい状態を作ってあげると、痩せやすい状態になるんですね。

皮下脂肪はがし後にオススメの自宅トレ


皮下脂肪はがしが終わったら、あなたがいつもやってる運動をやっていただくのもありですが、別の運動も紹介しますね。

このツイートした動画のように動かし、裏ももや内ももを鍛えてくことをオススメします。



脚が太くなりやすい方は、裏ももや内ももが使えてないケースが多いです。

そのため、自宅でもできるこのトレーニングをぜひ試してみてください!

組み合わせで脚痩せ


皮下脂肪はがしだけでも、パンパンに張ってた脂肪や筋肉が柔らかくなるため、人によっては脚が細くなりますが、やはり運動との組み合わせが効果的です。

なので両方ともバランスよく行っていきましょう!

体軸コンディショニングスクール、一般社団法人 体軸コンディショニング協会監修
クロスポイント®︎
各ワーク(C)体軸コンディショニングスクール

【毎週土曜21時に連載!】

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ