はあちゅうさん「児童虐待」通報で警察と児童相談所の人が自宅に来たとツイート 足温器に生後8ヶ月の赤ちゃんを入れ「貞子」とSNSに投稿

ガジェット通信

2020/5/23 19:50



5月22日のお昼、作家でブロガーのはあちゅうさんがTwitterにて自身のブログにリンクを貼り


今朝、また警察の方が自宅に来ました。最近、私がSNSでニュースにコメントをしなくなったり、コメンテーターのお仕事を断っているのは、私の考えが気に食わない人が 「児童虐待通報」という形で嫌がらせをしてくるからです…。今回は「6件」通報があったそうです。


とツイート、その後いくつかツイートを続けた。同日夜には、今度は「児童相談所の方」が来たとツイートを行う。今年1月にも、SNSへの投稿で虐待を疑われ警察が来たというはあちゅうさん、複数のスポーツ紙のサイトがとりあげるなどして話題となっていた。

今回の通報については、昨年9月に産まれた生後8ヶ月の息子を足温器に入れてSNSに度々投稿していたことなどが問題視されていたものと思われる。通報については「妥当」「やりすぎ」と意見がわかれていたようである。

これまでも、

・赤ちゃんの手の届くところにケーブルを置き、舐められてダメにする

・壁や床を叩いて舐めさせる

・赤ちゃんの手の届くところ洗剤(肥料?)スプレーを置く

などの行為が問題視されており、都度注意する声もあったようだ。しかし、それらを一様に「アンチの声」として扱い、耳を貸さなかったものと思われる。Twitterでは「代理ミュンヒハウゼン症候群」という書き込みも複数見られた。



専門家に、医療や育児関連での不適切な投稿を危惧され、また「認知の歪み」も指摘されているはあちゅうさん。「子育てしながら日常をコンテンツ化」をうたっているが、幼い子をコンテンツ化することについてはもう少し慎重に行って欲しいと願うばかりである。

※画像は『Twitter』より

『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ

https://getnews.jp/archives/2552848[リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ