TVアニメ『グレイプニル』、第8話のあらすじ&先行場面カットを公開


2020年4月から放送開始となったTVアニメ『グレイプニル』より、第8話「記憶の影」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『グレイプニル』、第8話のあらすじ&場面カット

■第8話「記憶の影」
修一は着ぐるみ化が解けた状態で気を失っていたところを、クレアに発見される。曖昧な記憶の修一。何か夢を見ていたようだった。吉岡と共に仲間のところに戻ると、エレナの仲間と遭遇したことを話すが、なぜ無事でいられたかは思い出せなかった。改めて仲間を紹介される修一。その中の一人が、修一の子供のころを知っているようだった。だが、彼の話す出来事は修一の記憶とは齟齬が生じていた。
(脚本:猪爪慎一、絵コンテ:金崎貴臣、演出:阿部雅司、作画監督:大竹晃裕/長橋研太/橋本穂高/福地友樹、総作画監督:今岡律之/門智昭)

TVアニメ『グレイプニル』は、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)武田すん・講談社/グレイプニル製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ