JR東日本とNEC、クラウド・AI技術を活用した業務支援システム構築


JR東日本と日本電気(NEC)は22日、輸送障害発生時の運行管理部門における情報共有の高度化と判断支援、技術継承の促進を目的として、クラウド・AI技術を活用した業務支援システムを構築したと発表した。JR東日本の東京総合指令室を対象に、5月25日からこのシステムの稼働を開始する。

昨今、直通運転の増加などによる首都圏の鉄道輸送サービスの向上にともない、運行形態が複雑さを増す中、列車運行を管理する東京総合指令室では指令員の世代交代が加速している。そのため、輸送品質の維持・向上に向け、より効果的な技術継承のしくみや指令員の判断支援の高度化が求められいた。

そこで今回、JR東日本の運行管理部門におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、JR東日本とNECは共同で、「業務ノウハウのデジタル化」「クラウドベースの情報共有基盤の構築」「判断支援、技術継承支援機能の開発」を実施した。

「業務ノウハウのデジタル化」では、「NEC the WISE」(NECの最先端AI技術群)をはじめとしたAI技術の活用により、業務マニュアルや過去約10年間の輸送障害に関するドキュメントの自然言語分析・デジタル化を推進。「クラウドベースの情報共有基盤の構築」では、各種クラウドサービスを活用した情報共有基盤を構築し、輸送障害対応状況の共有・可視化を促進する。「判断支援、技術継承支援機能の開発」では、蓄積されたデジタル化データにもとづき、輸送障害発生時に過去の類似事象の手配内容や教訓をサジェストする判断支援機能、平常時に教育コンテンツとして活用するための技術継承支援機能を開発した。

これらの取組みにより、輸送障害発生時の関係箇所間のスムーズな連携や指令員の判断支援を実現し、利用者への影響拡大防止に努めるという。JR東日本とNECは、このシステムの利用シーン拡大や業務支援機能の改善を継続し、運行管理業務のさらなる高度化をめざすとしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ