JR東日本スタートアップなど、ドローンで駅天井裏点検の実験に成功


産業用ロボットやドローンの開発などを行うリベラウェアとJR東日本スタートアップはこのほど、世界最小クラスのドローン「アイビス」を利用した駅天井裏点検の実証実験に成功したと発表した。

駅舎の改良工事やメンテンナンスは、終電から始発までの限られた時間しかできないが、天井裏点検は天井面をひとつずつ外す必要があり、従来は非常に時間がかかっていたという。

そこで今回、設備点検用小型ドローン「アイビス」(190mm×180mm×50mm)を新宿駅の天井裏で飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、点検に活用できるレベルの映像が撮れるかなど検証。アイビスが撮影した動画をもとに点群データを生成し、距離計測や図面化の作業が効率化できるかどうかを確かめた。その結果、ドローンで撮影した動画から配管やケーブルの計測・3D化が可能であることがわかり、ドローン活用の有用性が確認できたとのこと。

今後は精度をより高めるための検証を行い、「高い・狭い・危ない」といった人が直接入れない場所の点検における作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立をめざす。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ