ちばてつや氏ら50人超の漫画家がコロナ禍の "日常" を描く!

新型コロナウイルスの影響下における日々を舞台とした短編漫画を、50人を超える漫画家によってリレー連載をするというプロジェクト「MANGA Day to Day」が、6月15日から『コミックDAYS』および特設Twitterアカウントにてスタートする。

現在文芸ニュースサイト「TREE」にて50人以上の人気小説家が、さまざまな制限生活を送る読者に向け「2020年4月1日」以降の日々を舞台設定に小説・エッセイを執筆するリレー連載企画「Day to Day」を連載し、日本国内のみでなく海外メディアでもとりあげられるほど話題となり、読者からも好評を博している。今回のプロジェクトは、その漫画版だ。

小説版「Day to Day」と同様に「2020年4月1日」から、漫画家が1日ずつ担当し、それぞれ思い思いに短編漫画を執筆。
それを『コミックDAYS』およびTwitterにて1日1話無料公開し、広く読者に届けていく。

6月からの本格始動に先立って、トップバッターである、ちばてつや氏の「2020年4月1日」を舞台とした短編『悪魂』(あくだま)を「MANGA Day to Day」Twitterアカウントにて特別先行公開中だ。

人々の生活様式が一変し、日々刻々と状況が変化するさまを、今を生活する読者だけでなく、100年後、200年後に生きる人々へも残していくべく、2021年初頭をめどに単行本化を予定。
また、小説版と漫画版を同時収録した特別単行本の刊行も検討している。

▲ちばてつや氏による描きおろし『悪魂』冒頭

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ