カップルで言いにくいこともスマートに話し合うためのコツ4つ




カップルとはいえいつも甘いムードでいられるわけではないですよね。ときには言いにくいことやシビアなこともはっきり話し合ったりしなければなりません。でもそんなとき、険悪ムードにはなりたくないと誰もが思うはず。
そこで今回は、言いにくいこともスマートに話し合うためのコツをお伝えします!

スマートに話し合うためのコツ

1: 主語は“私”で会話をスタート、相手を責めるような言い方をしない



言いにくいことでも感情的にならないで話し合うためのコツは、相手を責めるような言い方をしないことです。そのためには会話をスタートするとき、“私は”と自分を主語にして話し始めるよう意識してみましょう。“あなたは”で話し始めると彼を非難したり、責めたり、ネガティブな内容になりがちです。
だからこそ主語は“自分”で始め、自分の考えていることをストレートに伝えるほうがお互い感情的にもならなさそうです。

2: 相手を論破し、言い合いに勝つことを目的としない

お金、セックス、浮気、将来設計、などカップルでも言いにくい話題はいろいろ。でもそれらについて話し合わなければいけないときがきっとくるし、乗り越えられなければ、別れてしまうこともあるでしょう。
そんなとき話し合いがヒートアップしてケンカになりがちですが、それでは目的を見失っていませんか? 相手を論破し、言い争いに勝つことが目的ではなく、カップルとして幸せになることが一番の目的なはずです。

3: 対立構造は“私とあなた”ではなく“私たちと問題”ということを忘れない

言いにくいことでも話し合うのは、今ある問題をなんとか二人で乗り越えたいと思うから。意見や考え方が違っても、それはむしろ当然のこと。そのうえでお互いを好きだという気持ちがあれば、きっと乗り越えられるはずです。
だからこそ言いにくいことを話し合うときに“私とあなた”という対立構造を作り、ケンカになってはいけません。あくまで私と彼はカップルという一つのチーム、そして一緒に問題を乗り越えるべきなのです。

4: 話し合いを終わったら、かならず仲よくスキンシップをとる



話し合いが終わっても、なんとなくとげとげしいムードのままでは気分がよくありませんよね。だからこそ肝心な話し合いが終わったら、あとはいつも以上に仲よく時間を過ごすことが大切です。
二人でソファーに座ってくつろいだり、ピッタリ寄り添ってスキンシップを図ったり、晩酌を楽しんだり、終わりよければすべてよしという気分になれば、言いにくいことでもきちんと話し合えたという達成感につながるでしょう。

まとめ

仲よしのつもりで、相手にどこか遠慮してうまくコミュニケーションがとれていないようでは、二人の関係もどこか不安定なものになってしまうでしょう。
言いにくいことでもきちんと話せてこそ、本当の意味での仲よしカップル。だからこそ誤解やケンカも恐れず、スマートに話し合えるようになりたいですよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ