『じゃがりこ』×代アニがコラボ! 声優オーディションの最終審査は一般投票で決定!

カルビーは、代々木アニメーション学院の協力を得て、『じゃがりこ』の5つの味(サラダ・チーズ・じゃがバター・たらこバター・明太チーズもんじゃ味)の魅力を持つ擬人化キャラクター(J5)の声優オーディションを開催し、最終審査へと進むファイナリスト20人を選出した。最終審査は、2020年5月22日(金)から5月29日(金)まで、Twitterによる一般投票を行い、声優を決定する。また、投票により選ばれた5人の声優による動画コンテンツを制作し、今後YouTubeにて配信を行う予定だ。

1995年に発売した『じゃがりこ』は、”お客様とのコミュニケーション” を大切にしているブランドで、2019年には『じゃがりこ』らしい楽しいコミュニケーションを醸成していくことを目的として、ファン参加型の『じゃがりこ擬人化プロジェクト』がスタート。二次元キャラクターを通してファンと交流を深めながら「ポップカルチャー」を応援する場として、Webサイト上に『二次元立じゃがりこ学園』を設立した。

この『二次元立じゃがりこ学園』で活躍する『じゃがりこ』の5つの味(サラダ・チーズ・じゃがバター・たらこバター・明太チーズもんじゃ味)の魅力を持つ擬人化キャラクターは、イラストを一般で公募。非常に多くの応募が寄せられ、厳正なる審査の結果、5人のキャラクター(J5)が決定した。

5人のキャラクター(J5)
▲5人のキャラクター(J5)

そして、キャラクターを活用した動画コンテンツの制作にあたり、アニメ・声優の専門学校として42年の歴史を持ち、これまで12万人の卒業生を送り出してきた代々木アニメーション学院とのコラボレーションという形で、キャラクターの声優オーディションを開催。全国9校舎から応募された235人の生徒の中から、最終審査へと進むファイナリスト20人(キャラクター1人につき4人)が選出され、Twitterでの一般投票により、5人の声優を決定することとなった。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ