タモリ、鶴瓶からも愛された!中居正広と亡き父の泣ける秘話

アサジョ

2020/5/23 10:15


 独立してからも精力的に活動を続けている中居正広。2月21日に開いたジャニーズ事務所退所記者会見で、ジャニー喜多川さんの遺骨の欠片が入った小さな瓶を、御守りとして持参したことは記憶に新しい。この小瓶は日ごろ、父・正志さんの仏壇の横に置いているという。

正志さんほど多くのスターから愛された芸能人の家族はいないかもしれない。正志さんは15年2月19日に肺がんでこの世を去ったが、その2週間ほど前に、正志さんの病床をダウンタウン松本人志笑福亭鶴瓶タモリが見舞っている。そのなかにはSMAP(当時)の香取慎吾もいた。

「香取は手作りのアルバムを持ってきたそうです。中居の写真を貼って『中居くんのパパへ』というタイトルで絵も添えていた。葬儀では、その“世界に一つだけのアルバム”と、中居がお父さんに宛てた手紙を棺に入れたそうです」(スポーツ紙記者)

ジャニーズタレントは、家族のメディア露出をNGにしている。ところが、正志さんだけは特例。バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の定期企画「中居&ナイナイの日本一周景気回復の旅」(09年)、「27時間テレビ」(同/12年)に出演して、“名物パパ”として多くの芸人からイジられた。

SMAP時代は「NHK紅白歌合戦」の前日リハーサルを正志さんが見学するのが慣例となっていた。会場の東京・渋谷のNHKホールでは、前方座席が定位置だった。

「正志さんは中居が40歳になっても『ひろちゃん』と呼び続け、3人兄弟の末っ子をかわいがっていました。野球、海外旅行、ゴルフ、麻雀、ドライブなど共通の趣味が多く、中居がSMAPとして売れてからは、マンションや高級車などをプレゼント。めいっぱいの親孝行をしています」(前出・スポーツ紙記者)

スーパースター中居正広の父親も、やはりスターだった。

(北村ともこ)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ