関西人もビックリ 小川菜摘の551豚まんアレンジレシピに「絶対美味しい」

しらべぇ

2020/5/23 08:20




タレントの小川菜摘が22日、自身のブログとインスタグラムを更新。知人のアレンジレシピを真似して作った「焼き551豚まん」を披露し、話題を呼んでいる。

■ホットサンドメーカーでカリカリに


大阪名物「551蓬莱」の豚まんをアレンジしたのは、小川と親交が深い、劇団「空晴(からっぱれ)」の座長・岡部尚子氏。岡部氏のインスタグラムの投稿によれば、ホットサンドメーカーを使って焼いているそう。

「バウルーダブルなので真ん中でキレますが、そこから中の餡の脂分が外に出てカリッカリに焼けます もはや、普通に食ベルよりもこっちのほうが好きですわぁぁ~!ホンマに美味しい」と絶賛の言葉が添えられている。


関連記事:コロナはにくんでも豚まんはにくまん? 店主は「医療関係者を励ましたかった」

■小川「これはヤバイ」


小川はブログで「食いしん坊同盟の劇団空晴座長べっち事岡部尚子ちゃん べっちがやっていてめっちゃ美味しそうだったから我が家でもやってみました」と、岡部氏に影響を受けて作ったことを報告。

皮がパリパリに焼けた、焼き551豚まんの写真を掲載し「これはヤバイ めっちゃ美味しいじゃん!!!! 外カリ中ジュワ」と、感動的な美味しさだったことを伝えた。

「食いしん坊ってさ、こう言う発想、発見、凄いよね(笑)」と、岡部氏のアレンジに感嘆。「だいたいお料理ってセンスが大切だと思うのでね。盛り付け、器、彩り、素材の生かし方、残り物のアレンジ、こう言う事を考えるのが楽しい これからも食いしん坊同盟で情報交換4649」と結んだ。



■関西人もビックリ


「焼き551豚まん」の存在を知ったファンからは「ホットサンドメーカーで焼く発想力!」「絶対に美味しい」と反響の書き込みが。

地元の大阪人からも「生まれてこの方、豚まんを焼いたことがありませんでした 私も真似したいです」「関西人には目から鱗です 絶対に試してみる価値ありですね」「大阪やから551なんて今まで何個食べたかわからんくらい食べてるけど焼くとは 今度絶対やってみよー」と、驚きの声が届いていた。

関西人もビックリの「焼き551豚まん」。興味がある人は一度試してみるのもいいだろう。

・合わせて読みたい→東京と大阪、カレーにおける最大の違いは? 『ケンミンSHOW』の解説に反響

(文/しらべぇ編集部・RT

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ