ナイツ、『ENGEI』リモート方式に「漫才ができるだけでありがたい」


きょう23日に放送されるフジテレビ系バラエティ特番『ENGEIグランドスラム リモート~離れていても心は一つSP~』(21:00~23:10)では、芸人たちが“ソーシャルディスタンス”でネタを披露する。

漫才では、コンビが距離を置いて間にアクリル板を挟み、マイクは2本。コントでも、間にセットを置く形で展開される。

トップバッターを飾るのはナイツ。2人とも初めてのソーシャルディスタンスをとったステージに、「漫才ができるだけでありがたい」と言う土屋伸之。ナイツの漫才を見た和牛の川西賢志郎は「(この番組が)漫才の新しい可能性を発見したんじゃないかと思います」と感想を寄せた。

今回は『ENGEIグランドスラム マチネ』(16:30~17:30)との2部構成で放送。“3密”を避けるため、演芸場を模した豪華な2階建てセットはそのままに無観客で実施するが、約50人の観客は、1人1人自宅からウェブカメラを通してネタを観覧し、その模様がスタージに設置されたビジョンに映し出されるという仕組みだ。

MCのナインティナインと松岡茉優は、芸人たちがネタを披露するセットとは別の空間から中継で見守る。矢部浩之が「日本中の皆さんに笑っていただけるように、頑張っていきたいと思います」と言うように、ピンチをチャンスに変え、今だからこそできる最上の笑いを、若手からベテランまで名だたる芸人たちが届けていくという。

『ENGEIグランドスラム リモート~離れていても心は一つSP~』には、『R-1ぐらんぷり2020』チャンピオンの野田クリスタル、『M-1グランプリ2019』ファイナルステージ進出のぺこぱという初登場2組のほか、アインシュタイン、アンジャッシュ、EXIT、霜降り明星、ジャルジャル、陣内智則、チョコレートプラネット、東京03、ナイツ、NON STYLE、バイきんぐ、爆笑問題、ハナコ、ゆりやんレトリィバァ、ロッチ、ロバート、和牛が登場。

『ENGEIグランドスラム マチネ』には、さらば青春の光、すゑひろがりずの初登場2組のほか、かが屋、ダイアン、宮下草薙、プラス・マイナス、まんじゅう大帝国、四千頭身が出演する。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ