松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』史上初! リモート映像だけで60分の新作放送

クランクイン!

2020/5/23 00:15

 TOKIOの松岡昌宏が女装した家政夫役で主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、撮影スケジュールに影響が出ているため、現在「傑作選」として放送しているが、5月29日は『家政夫のミタゾノ 特別編~今だから、新作つくらせて頂きました~』と題し、“ミタゾノ”史上初の試みとして、リモート映像だけで60分の新作を放送する。

本シリーズは、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。ミタゾノを松岡が演じ、ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が出演。そのほか、余貴美子、平田敦子、しゅはまはるみらが共演し、さらに、今シリーズより新人家政婦役で飯豊まりえが登場している。

特別編となる今回は、出張と偽り不倫相手の吉野美玖(筧美和子)と逢瀬を楽しもうとする依頼人の柴田明彦(音尾琢真)と、明彦の妻・真理子(奥菜恵)にまつわるストーリー。明彦の留守宅に、『むすび家政婦紹介所』の特別サービスとして1日分のおかずを作り、真理子に届けることになったミタゾノ(松岡)だったが…。

ミタゾノ史上初の“リモート映像ドラマ”となる今回は、むすび家政婦紹介所の家政婦(&家政夫)たちのミーティングもリモート、さらに今回の依頼人である明彦とミタゾノとのやり取りもリモートで行われるなど、すべてがひとつの画面の中で進行していく。

そのほか、野菜を長持ちさせる方法や即席お好み焼きソースの作り方など、恒例の家事テクニックも健在。脚本もこの自粛期間に練り上げられただけあり、世相がこれでもかと反映された、『家政夫のミタゾノ』らしさがいつも以上に随所に散りばめられた特別編となっている。

ミタゾノは「この度、リモート映像だけで1時間の新作をつくらせて頂きました。手探りでの撮影となり史上最大のチャレンジとなりましたが、ソーシャルディスタンスを保ちながら非常にエキサイトさせて頂きました。どうぞご自宅でお楽しみくださいませ」とコメントした。

リモート映像だけで放送されるドラマ『家政夫のミタゾノ 特別編~今だから、新作つくらせて頂きました~』は、テレビ朝日系にて5月29日23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ