じわじわくる…婚活で出会った変な人エピソード4つ




婚活をしていると、普段なら出会わないような人と出会ったり、婚活をしなければ一生話さなかったような人と話したりと、新しい経験を積めることもありますよね。
婚活が長引けば長引くほど疲弊して疲れてしまう人もいるかもしれませんが、それでも婚活を頑張ったという経験は無駄にはなりません。
そこでここでは、婚活で出会った変な人エピソードを聞いてみました。

自己紹介で履歴書を渡される



「友達の紹介で出会った相手に、初めての顔合わせのときに履歴書を渡された。生年月日や、学校名、卒業した年、新卒入社した年、転職した年が書かれている本物の履歴書で、まるで私は面接官になった気持ちに。友達から変わった人だとは聞いていたけど、ここまでとは……」(30代/看護師)

▽ 自己紹介で履歴書を渡されたことがある人もいるそうです。たしかに自己紹介ですが、婚活は就活とは違うもの。相手の学歴や職歴がわかったところで、性格や会話の相性はコミュニケーションをとっていくことでしか得られません。

フリータイムで会社の紹介を始める

「婚活パーティーに参加したときのこと、フリータイムで自分のことをアピールしましょうっていう時間がつくられたんだけど、そのときに自分のことではなくて会社の紹介を始めた人がいた。
5分くらいの間でわかったのは、彼の会社がいつできて、どんな仕事をしていて、これからどういうふうに展開していく予定なのかということだけ。会社の説明会にきたんじゃないんだけどな」(30代/建設関係)

▽ フリータイムで会社の紹介をはじめる男性、少なくないようです。なかには会社の資料を出してプレゼンを始めるという強者も。いったい婚活を何だと思っているのでしょうか。会社が自分のアイデンティティーになっている人を魅力的に感じる女性は少ないかもしれません。

毎日自撮りを送ってくる

「マッチングアプリでマッチングした相手が、毎日自撮りを送ってくる。しかも『悪用しないでね』っていうコメントつきで、毎回サングラスをしていてドン引き。
悪用しないでねって私に対して失礼だし、そもそも頼んでもいないのに写真を送ってくる時点で痛いとしか……」(20代/IT)

▽ 毎日一方的に自分撮り写真を送ってきておきながら「悪用しないでね」と相手に対して失礼な言動をとる相手、地雷案件ですね。そんなに心配なら送ってきてほしくないですよね。

会場までキックボードで登場

「会場までキックボードで登場した人がいた。フリータイムで一緒に話したんだけど“よかったら、帰り道で僕のキックボードに乗ってみますか?”って聞かれて笑った。変な人だったけどおもしろそうだからという理由でデートの約束をして……というのが今の彼氏」(30代/保育士)

▽ 電車や徒歩、車で会場までくるというのはわかりますが、まさかのキックボードで登場。しかも「帰り道に乗ってみる?」と口説かれたというから驚きです。そんな素直で不思議な相手だからこそ気になってしまったのかもしれません。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ