パキスタン国際航空機、カラチ空港近くに墜落 107人搭乗

Traicy

2020/5/22 23:30

パキスタン国際航空5月22日、ラホール発のパキスタン国際航空8303便(エアバスA320型機、機体記号:AP-BLD)が、パキスタンのカラチ国際空港近くの住宅密集地に墜落した。墜落現場付近の映像からは、黒煙や炎が上がっている様子が確認できる。

公式発表によると乗員8人と乗客99人の計107人が搭乗しており、生存者はいない模様。着陸をやり直した後、2回目の着陸を試みていたが、着陸間際に機体に不具合が発生したとみられている。パキスタン国際航空は、技術的な不具合の詳細を、「証拠品の回収、分析後でなければ立証できない」として、明言を避けている。

エアバスはTwitter上で、調査を支援するとの声明を発表した。パキスタン国際航空は、被害者の家族を支援するチームを組織した。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ