渡辺淳之介 念願の柏木由紀との対談が実現も、激しく後悔「これが秋元康さんとBiSHの誰かって考えると…」

TOKYO FM+

2020/5/22 21:00

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

5月19日(火)のお客様は、AKB48・柏木由紀さんとWACKのプロデューサー・渡辺淳之介さんです。



(左から)柏木由紀さん、渡辺淳之介さん

◆“渡辺×柏木”は不思議な関係
柏木:よろしくお願います。

渡辺:よろしくお願いします。ちょっと、本当に緊張しているんですけど(笑)。

柏木:えぇ、本当ですか(笑)。でも、不思議な関係というか、逆の立場で考えると、例えば、秋元康さんとBiSHさんのどなたか1人が、1時間しゃべっているみたいなことですよね。

渡辺:そうですね。逆に考えたらすごいことですね。

柏木:だから、そう思って緊張しちゃうのかなって。変な感じというか。

渡辺:いや、そうですね。

◆柏木「私、ほぼ目立ってないですよ(笑)」
渡辺:今回、僕が柏木さんを指名させていただいて。っていうのも、実は、すごく衝撃を受けた映像があって。それが、映画「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」で、その衝撃がすごくて。

柏木:えーっ!

渡辺:その最初のシーンで、総選挙のシーンだったと思うんですけど。

柏木:あぁ。前田敦子さんとか大島優子ちゃんのときですよね。

渡辺:そうですね。それで、あのシーンで涙がとまらなかったんですよ。なんか訳が分からないんですけど。

柏木:えーっ。

渡辺:はい。それで、そのときの柏木さんの表情がすごく印象的で。なんかもう、そこから僕のなかでは、AKB48と言えば柏木さんなんですよ。

柏木:私なんか、あの映画でほぼ目立ってないですよ(笑)。

渡辺:いや(笑)、僕のなかでは本当に1番で。びっくりして。

柏木:嬉しいー、そうなんだ。結構前ですね、多分10年前とかかも。

渡辺:そうですね。2011年の映画だったので本当に9年前ぐらいのことで。本当にちょうど“アイドル戦国時代”って言われて、地下アイドルがいっぱい生まれた時代で。ちょうど僕も2011年にBiSっていうアイドルグループを作ったんですよ。

柏木:その年だったんですね。

渡辺:なので、実はもう10年間、ずっと柏木さんのことが気になっていたって言い方はあれかもしれないんですけど、今回、秋元さんの番組だっていうことで、パッて浮かんだのが柏木さんで。

柏木:えー、嬉しい。なんでなんだろう、と思っていたんですよ。

渡辺:でも、さっきおっしゃっていた通りで、秋元さんが、うちのグループの誰かとしゃべっているって考えると……。失敗したなー、って(笑)。

柏木:やめてくださいよ(笑)。

◆柏木「カメラがあるのが当たり前すぎて…」
渡辺:ちょっと気になったのが、さっき、ドキュメンタリー映画を観させていただいた、って話をしたんですけど、“こんな裏側まで映っているんだ”みたいな部分が1番の衝撃で、密着とかニュースとかでずっとカメラが入っているじゃないですか。だから、僕が1番気になったのは“これ、鼻とかほじれないよな”って。

柏木:どんな角度で観てるんですか(笑)。

渡辺:いやまぁ、そういうことじゃないですか。“変なことできないな”とか。だから、緊張状態が半端ないんだろうなぁ、と思って。でも、それが慣れた様子のように見えるので、多分それが、ある意味テレビと変わらないというか。そういう部分に繋がっているのかなと思ったりしたんですよ。

柏木:確かに、オンとオフで性格が明らかに変わるとかは、あまりなくて。その映画のときも、“映画になる”って知らなくて、ただ、AKB48に入った瞬間から、毎日「記録用です」っていうカメラが、絶対にあったんですよ。

だから、カメラがいるのが当たり前と思っていたから。逆に言うと、じゃあちょっと鼻ほじっちゃいけないとか、意識していなきゃいけない、っていうのが慣れているってわけじゃなくて。ずっとありすぎて、忘れちゃっているんですよね。どっちかと言えば。

渡辺:カメラの存在を?

柏木:そうですね。当たり前すぎて忘れているからこその“あの映画”というか。ほぼ自分たちで覚えていないことがあったり、“え、こんなことあったんだ!”、っていう部分があったので。そういう意味では、“慣れ”はありますね。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月25日(月):NON STYLE・井上裕介さん×上田慎一郎さん
5月26日(火):高須光聖さん×トータス松本さん
5月27日(水):カンニング竹山さん×松尾貴史さん
5月28日(木):吉田照美さん×斉藤和義さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回radikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月27日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ