斎藤工、大悟の演技を大絶賛で「ワケありニューハーフ」役を提案

※画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 

5月19日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ系)は、過去の放送を再構成し放送され、俳優の斎藤工は千鳥・大悟が出演する映画を観て「この人の演技には敵わない」と実感。映画に「呼んでもいいですか?」と真剣に勧誘し、その意外すぎる役柄を伝えた。

 

「ちょっと逆を見てみたいなっていうのもある」

お芝居をした時の芸人には敵わないという斎藤。「役者がたどり着けないところに行かれる芸人さんが何人もいるんですよ」と、その存在感を語った。「見ていただきたいポスターがある」として斎藤が持参したのは、車椅子に座る笑福亭鶴瓶が載った、映画『閉鎖病棟』のポスター。「僕の知人の精神科のお医者さんが、『この鶴瓶さんの顔は、患者さんでしかない』」と、斎藤はその演技力のすごさを力説。「これだけ国民的な芸人さんでキャラクターが知れ渡っているのに、全く別人であるっていう」と熱く語った。

 

他にも演技が敵わないと思う芸人が「この場にいらっしゃいます」と、斎藤からまさかの一言が飛び出す。ざわめくMC陣営に、「今回はね、大悟さんです」と斎藤。「『任侠野郎』も見ましたし、『Zアイランド』と最新作『ひとよ』です。おもしろいです」と、斎藤は自信たっぷりに語った。これに大悟は「わしは、この『ひとよ』っていう映画はすごく素晴らしいっていう風に聞くんですけど、『大悟のシーンだけ笑っちゃう』っていう声も聞くんです」と自虐的に返した。

 

「工さんの映画に芸人さんたくさん出られてますけど、あの芸人さんは全部工さんが選んでるんですか?」と尋ねられると、「選ぶというか、お声がけさせていただいて」と謙虚な斎藤。「じゃあ呼ばれるやん、わし。いつか」と乗り気な大悟に、斎藤は「いいですか、呼んでも」と真剣なまなざしを向ける。

 

「今までは地を生かした感じが多かったので、ちょっと逆を見てみたいなっていうのもあるんですけど。ワケありニューハーフ」と、まさかの役柄を指定する斎藤に「この世で一番難しい役やん?」と困惑する大悟であった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ