専門家も選ぶチャイルドシート「エールベベ・クルット」に、新モデル登場


カーメイトは5月1日より順次、「エールベベ・クルット6i」シリーズを発売した。

同商品は、「使い心地」「安全」「快適」を追求したチャイルドシート「エールベベ・クルット」から発売する新モデル。同社従来品と比較して側突の衝撃を約40%低減する新機構を搭載し、安全性を強化した。なお、以前のモデル「エールベベ・クルット5i グランス」は2019年11月、「LDKベビー用品完全ガイド2020 ベストバイ」にて専門家・編集者によるおすすめNo.1チャイルドシートとして選出されている。

2016年には約6割であった国内のISOFIX装着車両が2019年には約8割(同社予測値)を占めるようになり、チャイルドシート市場においてISOFIX取付モデルの需要が年々増加。それに伴いISOFIX取付モデルに新しい機能を求める声が多くなっている。そこで同社では側面衝突対策を強化して安全性を向上させると共に、通気性の高い新素材を用いることで赤ちゃんの快適性を高めた、ISOFIX取付チャイルドシートを開発したという。

従来の「クルット」シリーズでは頭部側面に40mmの衝撃吸収材と赤ちゃんの頭回りをサポートするクッションを装備していたが、同商品ではクッション部分を一新。新たに、衝撃吸収性の高い50mm(25mm×2)の「2層衝撃吸収クッション」を用いた「ヘッドサポート」を搭載し、側面の衝撃に対する安全性を強化した。厚みを2段階に調整できる設計で、新生児から4才ごろまで成長に合わせて使用可能となっている。

また、通気性が高く、夏場は蒸れにくく冬場は保温性を保つことができる「カルファイバー」を背もたれカバーに採用し、体温調節が苦手な赤ちゃんをサポート。クッション性がありつつも、透水・速乾性が高く洗濯後も乾きやすいため清潔な状態を保つことが可能となった。また、耐熱性に優れているため高温になりやすい車内でもクッション性を保ち、快適さを維持する。

今回、2つのラインナップを用意。赤ちゃんの快適性にこだわった上級モデル「エールベベ・クルット6i グランス」は、高級車のインテリアをイメージしたレザー調の生地に、アクセントとなるダイヤモンドステッチやワンポイントのロゴを施し、車内に馴染みながらも重厚感のあるデザインに仕上げた。

使いやすい機能が充実したプレミアムモデル「エールベベ・クルット6i プレミアム」は、淡いカラーのデニム風生地にステッチやロゴラベルを施し、ヴィンテージファッションをイメージしたカジュアルなデザインに仕上げた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ