ソフトバンク、5月23日から全国の店舗で店頭業務縮小を終了


ソフトバンクは、日本政府が一部の地域で緊急事態宣言を解除したことなどを受け、5月23日から全国のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップにおける店頭業務の縮小を終了し、すべての手続きに関する業務を受け付ける。

5月22日までは、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県地域のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップで業務内容を縮小。スマートフォンや携帯電話などの修理、機種変更および新規契約の受け付けに限定する。

また、営業時間の短縮について、北海道(127店)、埼玉県(135店)、千葉県(117店)、東京都(322店)、神奈川県(162店)は、5月23日から5月31日まで営業終了時刻を18時までとし、愛知県(249店)、兵庫県(132店)は、5月23日から5月31日まで営業終了時刻を19時、広島県(75店)は5月23日から5月24日まで営業終了時刻を19時、福岡県(133店)は5月28日まで営業終了時刻を19時にすると発表した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ