『グランツーリスモ』に夢のマツダ車が! 「RX-VISION」のレースカー登場


マツダのコンセプトカー「RX-VISION」がレースカーに姿を変え、プレイステーション4(PS4)のレースゲーム『グランツーリスモSPORT』に登場する。最高出力570psの4ローター・ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載する「RX-VISION GT3 CONCEPT」は、5月22日15時(日本時間)にダウンロード可能となる予定だ。

○夢のスポーツカーを操縦可能!

「RX-VISION」はマツダが2015年10月の東京モーターショーで発表したコンセプトカー。フロントエンジン・リアドライブ(FR)の造形に次世代のロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載した「RX-VISION」は、同社が「いつか実現したいスポーツカー」の姿を表現したモデルだ。

マツダは今回、ポリフォニー・デジタル(グランツーリスモシリーズを手掛けるソフトウェア開発会社)と共同で「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を開発した。RX-VISIONをベースとし、FIA(国際自動車連盟)「GT3」の車両規則に準拠して改造したという想定だ。

デザインはベース車両のロングノーズショートデッキフォルムをいかしつつ、トレッド(左右タイヤの間の幅)を広げた。前後の重量配分は48:52を実現。パワーユニットは最高出力570psの4ローター・ロータリーエンジン、サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク式となる。

『グランツーリスモSPORT』に車両を登場させるマツダは、「デジタルモータースポーツ」の幅広いファン層に「クルマを操る愉しさ」を感じてもらうことで、マツダのファンを増やしたい考えだ。昨今のコロナウイルス感染拡大の影響下にあっても、世界中のクルマ好きがオンラインでつながり、国、地域、言語、世代といった枠を超え、同じ条件下でレースを楽しむことができる「デジタルモータースポーツ」を通じ、新たな生活様式に対応しながらクルマ文化の発展に貢献したいというのが同社の思いである。

『グランツーリスモSPORT』で「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」などのマツダ車を使うユーザーは、2020年シーズンに世界各地で開催予定の「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」世界大会(ワールドツアー)に出場できるシード権を自動的に獲得する。また、第75回国民体育大会「燃ゆる感動 かごしま国体2020」の文化プログラムとなっている「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」の『グランツーリスモSPORT』部門にも「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」で参戦可能だ。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ