ピーマンを“アレ”で冷やすとパリパリと生で食べられる……? 意外で美味しいピーマンの食べ方、ツイッターで注目集める


夏野菜の代表格のひとつであるピーマン。チンジャオロースーや肉詰めなどガッツリお肉と炒めて爽やかな苦味を楽しむイメージがありますが、生でも楽しめレシピがあるってご存知でしたか? ピルクルさん(@pirukuru_konbu)がツイッターで紹介した「冷やしピーマン」が話題になっていました。

冷やしピーマンという名の通り、冷たくして楽しむわけなのですが、ピルクルさんによれば「氷水に浸して」、「1晩以上(理想は2晩)」、「冷蔵庫」に入れて冷やすのがコツなんだそう。

こちらを生のまま頂くと、「水分を含んでパリシャキジューシー」な食感になるんだとか。夏に食べるにはたまりませんね……。

これに塩をかけるだけでも美味しいそうなのですが、ピルクルさんのオススメは「味の濃い挽肉などを乗せて」食べるというもの。

おかずとしても、おつまみとしても楽しめそうな一品。気になった人は、ぜひ試してみてはいかがでしょう?

ピーマンが大袋で売り出されるようになってきたので、夏の居酒屋メニュー「冷やしピーマン」を仕込みます!氷水に浸して冷蔵保存をすると水分を含んでパリシャキジューシーになり、味の濃い挽肉などを乗せて生のままパリパリ食べます!塩をかけるだけでも可!食べ頃は明日の夜以降かな~。 pic.twitter.com/rosHiLpMxQ— ピルクル (@pirukuru_konbu) May 17, 2020

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ