高畑充希×竹内涼真『過保護のカホコ』、特別編の放送決定

クランクイン!

2020/5/22 12:00

 女優の高畑充希が主演を務め、2017年夏に放送されたドラマ『過保護のカホコ』の特別編が、日本テレビにて5月31日より5回にわたり放送されることが決まった。

遊川和彦が脚本を手がけた『過保護のカホコ』は、現代の日本が生んだ【過保護の象徴】のような21歳の女子大生・カホコ(高畑)が主人公。アルバイトもしたことがない。一人で服を選べない。送迎付きで駅まで歩いたことがない。そんな“ないない尽くし”のカホコが、ついに抗菌のビニールハウスから、雑菌まみれの世の中に飛び込んでいく。そして麦野初(竹内涼真)に出会う。「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」。カホコとは全く正反対の環境で育ってきた初の発言をきっかけに、カホコの「自分探し」の旅が始まる。毎回、「こんなの初めて!」な経験を通して、彼女の中に眠っていた「本当の力」が徐々に目覚めていく。

ストーリーを重ねるごとに、カホコの父方と母方の両方の親戚たちをぐるっと巻き込んで、カホコを軸に大きな家族としてのつながりを描いていく。カホコは就職活動もなすすべなく失敗し、今日着る服も自分では選べず、家事も全くできない。そんなダメダメなカホコだが、得意なこともある。家族への純粋な強い気持ちと、他人の痛みには、とても敏感であるということ。個人個人が抱える問題や秘密、家族単位で直面するトラブルなど、さまざまな事件が勃発する。

そして、放送当時に話題となったのが、カホコと竹内演じる初の胸キュンシーンの数々。ドラマが放送された水曜日の夜は、各SNSではふたりの「胸キュンシーン」が毎話必ず盛り上がった。カホコとは全く正反対の育ち方をしてきたツンデレ要素たっぷりな初。この初との出会いが、今まで眠っていたカホコの「本当の力」を目覚めさせ、家族間に隠れた問題を次々と解決していく。

ドラマ『過保護のカホコ』特別編は、日本テレビにて、5月31日と6月6日の各14時55分、6月13日、同20日、同27日の各14時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ