鷲見玲奈アナ「不倫が嘘なら訴えれば?」に反論!不倫報道は事実無根と全否定

wezzy

2020/5/22 12:10


 今年3月にテレビ東京を退社しフリーとなった鷲見玲奈アナが今月20日の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた、増田和也アナとの“不倫騒動”の真相を語った。

この日は新型コロナウイルスの感染予防のため、鷲見アナは電話で番組に出演。電話がつながるや否やMCのフットボールアワー・後藤輝基は、<あなたのいざこざ、十分『金スマ』いけましたよ。『シンソウ坂上』とかね>と、不倫騒動に触れた。

指原莉乃はさらに直球で、<オブラートに包んで聞きますけど、不倫してたんですか?>と質問。鷲見アナにとってこの話題はタブーではないようで、<円満退社で不倫もしてないです!>と明るく答えた。

週刊誌には「鷲見アナと増田アナがカラオケボックスで“一線を越えた”」との内容もあったが、これも事実無根だと否定。スタジオメンバーが「しっかりと番組で否定するのは偉い」と褒めると、鷲見アナは報道当時は会社員という立場だったため否定することができなかったが、フリーになったことで何でも言えるようになったと明かした。
「不倫が嘘なら訴えれば?」の批判
 鷲見玲奈アナは「週刊文春」2020年4月16日号でも不倫を否定している。

しかし、再三にわたり否定しているにもかかわらず、彼女のInstagramには「不倫が嘘なら訴えれば?」「訴えないなら認めてるのと同じ」など、訴えないなら不倫は事実だとするコメントや、「不倫した人はテレビに出ないで下さい」といったバッシングが続いている。

なぜ鷲見アナは法的処置を取らないのか。今月20日の投稿に寄せられたコメントに対して、鷲見アナは以下のように返信している。

<何度も言っていますが、伝聞推定の文章じゃ訴えられないからです。それに、訴えたとしても裁判って1年とかかかるんですよ?>
<こういうコメントが定期的にありますが、普通に不快なので以後スルー&削除させて頂きます>

ちなみに、鷲見アナの今後の抱負は、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のようなバラエティー番組に出演し「パンスト相撲」をすることだという。フリーのアナウンサー、タレントとして、活路を切り拓いてほしい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ