キスマイ玉森裕太、宮田俊哉に発した一言に衝撃走る

dwango.jp news

2020/5/22 12:30


Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第68話は「YES NO案内所」と「ベストコンビ決定戦」の二本立て。






最初の企画は、外国人から英語で出される問題にYESかNOの二択で回答する「YES NO案内所」。

外国人の女の子が登場し、回答者に宮田俊哉を指名する。他のメンバーは宮田に「口説け!口説け!英語で口説け」と囃し立てると、宮田は「アイラブユー」と口説き始める。しかし女子は「ノーセンキュー」とピシャリ。失恋(!?)からスタートしたクイズだったが、宮田は英語の質問を理解し、正しい回答を選択できるのだろうか?

宮田に続き、藤ヶ谷太輔、北山宏光が回答者に。一体どんな英語の質問が飛び出すのだろうか!?

本日配信されたもう一つの企画は、くじ引きによって分けられた3組の中から、ベストコンビを決定する「ベストコンビ決定戦」。

今回のチーム分けの結果、二階堂高嗣・藤ヶ谷、北山・横尾渉、宮田・玉森裕太のコンビに決定。MCを千賀健永が務めるMCを務めることが珍しい千賀は「嬉しいな~!」と気合十分の様子。他のメンバーも千賀のMCを心配しつつも、「よっ、千賀!」「千ちゃーん!」と盛り上げながら、企画はスタートする。

「ベストコンビ決定戦」では、ただ競技をするだけでなく、“枷”をつけて競技を行う。今回は枷として手錠をつけた状態で競技に挑む。



最初の競技は「うどん早食い対決」。一分間でうどんをどれだけ早く食べられるかを競い合う。北山・横尾コンビは横尾が北山の口に「とにかくうどんをぶっこむ」というドSな作戦を立てる。一方、藤ヶ谷・二階堂コンビはアツアツのうどんをとにかく冷まそうとトーク時間を引っ張りはじめ、宮田・玉森コンビは「交互にスープを飲む」と、それぞれ作戦を立てはじめる。

しかし、あるコンビの競技結果に、MC千賀の厳しいジャッジも飛び出した「うどん早食い対決」。果たして一位の座に輝いたコンビは一体…?

2つ目の競技は「カエルの早移し対決」。手錠を付けた手で、水槽から水槽へカエルを移すスピードを競いあう。

カエルが苦手な玉森は、「宮っちがカエル大丈夫らしい」と宮田のフォローに徹することを宣言する。宮田も「カエル食べたこともある」とアピール。うまくいくかと思われた宮田・玉森コンビだったが、いざ挑戦がスタートすると玉森から衝撃の一言が飛び出し、メンバー一同苦笑いの場面も。

どのコンビも決勝進出を狙いガチで挑んだ「カエル早移し対決」。一体決勝に進出できるコンビはどのコンビなのだろうか!?

※5月31日(日)19:00~「キスマイどきどきーん!生特番」の配信に伴い、5月29日(金)のレギュラー配信はお休み。第69話は6月5日(金)配信。

<番組概要>

■タイトル:「キスマイどきどきーん!」

■第68話配信日時:5月22日(金) 正午

■出演:Kis-My-Ft2

(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ