バナナマン、南キャン、タカトシら解散ドッキリに見るコンビ愛 三村マサカズ「コンビっていいよなぁ」

テレビ朝日系『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』が放送開始から15周年を迎え、5月18日の『Qさま!!15周年記念!「今では見られない!あの人気芸能人がこんなコトやってました! 最初で最後の(秘)映像スペシャル」』で人気企画「解散ドッキリ」を過去の映像で振り返った。タカアンドトシやバナナマンなどお笑いコンビの絆が垣間見られたVTRに、MCの三村マサカズ(さまぁ~ず)は感じるところがあったようだ。

現在はスタジオで問題の回答を競うクイズ番組となった『Qさま!!』だが、2004年にスタートした頃はお笑い芸人たちがロケで体を張って「クイズを作る」という全く違うカラーだった。カール・ルイスなど五輪メダリストと鬼ごっこをしたり、お笑いトリオ・ロバートの山本博がプロボクサーになるため特訓を続ける企画や、まだ無名だったお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が活躍した「芸能界潜水選手権」などがあり、なかでも人気を博したのが「解散ドッキリ」である。

今回は2005年に放送された「芸人が、もし相方から解散を告げられたら?」というドッキリ企画から南海キャンディーズ、スピードワゴン、タカアンドトシ、安田大サーカスそしてバナナマンに仕掛けた過去のドッキリ映像を振り返った。

南海キャンディーズは仕掛け人の山崎静代から「解散したいんやけど…」「山ちゃん、全然一人でやっていけると思うよ」と切り出されて山里亮太が言葉を失えば、スピードワゴンは仕掛け人の小沢一敬が「辞めたい」と切り出しながら、井戸田潤に「スピードワゴンはおもしろいよ」と返されて感激のあまり仕掛け人なのに涙してしまう。

特に感動を呼んだのは、タカアンドトシとバナナマンのドッキリだろう。トシから「タカアンドトシを休業したい」と言われたタカが「もしテレビに出られなかったら、仕事じゃなくても2人で漫才は続けたい」と涙ながらに訴えると、この時は仕掛け人となった南海キャンディーズ・山里亮太がモニターで見て「凄えなぁ、このコンビ愛」と唸ったほどだ。

バナナマンは仕掛け人の設楽統が解散を切り出して、日村勇紀が「解散したくない、どうしたらいいんだろう…」と真剣に悩んでいると、やがて設楽が「俺のこと好きなの?」と鎌をかけて日村から「それは好きでしょ」と本音を引き出す。そこから「俺のどこがいいの?」、「俺にないものをすごいもってるし」とやりとりが始まった。

モニターで見ていた仕掛け人の青木さやかは、お互いにリスペクトしあうバナナマンを目の当たりにして「すごい信頼しあってるコンビなんだな」と口にすると、ドッキリのネタばらしに向かう。

視聴者からはTwitter上で「Qさまの解散ドッキリ泣けるなあ…」、「解散ドッキリでバナナマンとかタカアンドトシとかの仲の良さがわかるの、ほんと好き 仲の良いお笑いコンビとかトリオに私は弱い」、「改めて、バナナマンの解散ドッキリは、名作ですね」、「解散ドッキリ数あれど、バナナマンのこれは最高傑作だと思う。日村の優しさもそうだけど、設楽が日村を掌で転がす感じがいいんだほんと」などの反響があった。

感動したのは視聴者ばかりではない。リモート収録で出演したMCの三村マサカズも久々に「解散ドッキリ」の映像を見て感じるところがあったようだ。

三村がオンエア後にTwitterで「やっぱりコンビっていいよなぁ。コンビって。。変な言葉」とつぶやいたところ、フォロワーから「さまぁ~ずさんのコンビ愛も素晴らしいですよね」といった声をはじめ「コンビっていい。ファンはコンビネーションが好きなんです」、「解散ドッキリ、愛があるコンビばかりだったので、素敵だなぁ~って感動しちゃいました」といった声が寄せられた。

他にも「当時見ていて、タカの言葉、すごく印象的でした。さまぁ~ずの解散ドッキリは成立しないでしょうね。あり得ないからね」という声があれば、岡村隆史の不適切発言を巡り相方の矢部浩之がラジオ番組で公開説教をして話題になったナインティナインに関して「岡村さんのラジオでの発言も、やはり相方の矢部さんが救った形になりましたもんね 一般社会ではなかなかない特殊な関係に憧れます」という声も見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ