上原さくら、愛娘の目に疑問「遺伝?」 自身も「青い」と驚かれた過去も

fumumu

2020/5/22 11:00

上原さくら(写真提供:JP News)
タレントの上原さくらさんが、自身の”白目”が愛娘にも受け継がれたことを明かしています。

■白目が青い…


4月30日、第一子となる女児を出産した上原さん。ブログでは愛娘の成長を記しています。21日に「白目が青いのは遺伝?」と更新したブログでは、「姫さまの白目は青いのですが、実は私も子供の頃から今もずっと青いんです」と、愛娘の白目の部分がうっすらと青く見えることを明かしました。

上原さん自身、20年ほど前に出演したドラマで顔のアップを撮影中に「さくらちゃんの白目が青いのは、なにかしてるの? こんなに青い白目は見たことがないんだけど!」と驚かれたことから、自身の白目が青いことに気づいたと明かしています。


関連記事:しみけん、女性が抱えるエッチの悩み「白目」と「尿意」に言及

■冷え性説は否定?


その後、「白目が青いのは、冷え性だから」と聞いたことがあったため、15年ほど冷え性説を信じていたそうですが「たぶん冷え性説は否定されたな」「だって、新生児に冷え性って早過ぎでしょう?」と新発見があった模様。

「うん….やっぱり青い…..」と愛娘の写真をあげていますが、確かに写真からもはっきりうっすら青色をしていることが伺えます。ちなみに、肌の色は「私も姫も色白ではなく、私がイエベなので、たぶん姫もイエベだと思われます」とのことで、青みよりの肌色ではないそうです。

■「赤ちゃんの白目は…」


ファンからは、「瞳はさくらちゃんにホント似ているね!」「親子なら色々と体質とか遺伝するものですが、健康ならそのまますくすくと育って欲しいと思います」などの反応が続々。

「赤ちゃんの白目はみんな青みがかってますよ。大人になっても白目が青い人は骨が弱く骨折しやすいようです」「赤ちゃんの時は目が綺麗だから誰でも…大人になっても保てるのは目が良い証拠ですよ」「白目が青いのは、酸素が行き渡ってるから、と言われたことがあります」などの指摘もありました。

赤ちゃんは準備の間、様々な工夫によって細菌が侵入しないようにしています。多くの涙で洗浄したり、母乳に含まれる免疫を高める物質「免疫グロブリン」が代表的なようですね。上原さくらさんの目が青いのも、綺麗だからなのかも?

・合わせて読みたい→星野源&高橋一生の白目ショットに「自由すぎる!」とファンほのぼの

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ