歴史ある織物のメゾンブランド「OKANO」から、父の日のネクタイ登場

IGNITE

2020/5/22 10:00


織の紋様には、ひとつひとつ意味がある。

そんな伝統を織り込んだ、父の日に贈りたいネクタイが登場。



OKANOは、父の日のプレゼントにメッセージを込めたネクタイ「衿結(えりゆい)」を、限定の熨斗をつけてギフト発送を開始。帰省することがままならず、また直接会うことが叶わない大切な人へメッセージを込めた「衿結」のネクタイのギフトはいかがだろうか。

■父の日「衿結」
OKANOが提案する父の日のネクタイは、「衿結」の中でも”クラシック献上″と”ストライプ献上”柄のネクタイ。

この2つの献上柄には、親子縞と孝行縞が紋様に示されており、親子縞は繁栄を、そして孝行縞は尊厳を表している。

「クラシック献上」1241年から続く博多織の中で、祈りの紋様として、独鈷=厄除、華皿=浄化、親子縞=繁栄、孝行縞=尊厳を表す。



「ストライプ献上」OKANOオリジナルの親子縞・孝行縞だけをストライプとして表現した紋様。親子縞=繁栄、孝行縞=尊厳。



■OKANO 衿結
価格:16,280円(税込)
仕様:全素材 絹100%
販売期間:2020年5月15日(金)~6月21日(日)
販売:EC店舗より



■父の日限定のギフトパッケージ
オリジナルの熨斗は、父の日を象徴する黄色を献上柄でシンプルに仕上げたデザイン。縞の幅を親子縞と孝行縞で表現している。親子縞は太い縞が細い縞を挟むように配された縞で「親が子を守る」という意味がある。また孝行縞は細い縞が太い縞を挟むように配された縞で「子が親を慕う」という意味がある。

また、OKANOオリジナルギフトBOXの繭桐 660円(税込)が無料になる。



■「衿結」商品コンセプト
商品名の”衿結”には、人生のさまざまな節目に訪れる「結び」のシーンを想像して「結び」の文字を商品名に採用。ビジネス、婚礼、様々な「結び」のシーンで活躍する、メッセージを込めたネクタイは、贈る側、贈られる側の双方にとって、大切な「結び」の記憶が生まれる。

こんな時だからこそ、次の外出時の気分を高揚させてくれるプレゼントは、未来へ希望や楽しみとなって、大切な人の気分転換にもつながる。

伝統の意味を込めた逸品を、ぜひ贈ろう。

URL:https://okano.official.ec/categories/2442945

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ