マツコ×HIKAKIN、自粛生活の今を語る「とても良い機会になった」


タレントのマツコ・デラックスがこのほど、約2カ月ぶりの新撮となるあす23日放送分の日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00~)の収録に参加した。

番組開始以来、4年以上にわたり「現場からの中継」にこだわってきた同番組だが、今回はゲストにYouTube界の第一人者・HIKAKINの自宅と中継を結び、マツコとともに自粛生活が続く「今」を語る。

著名人の自宅から中継するのは今回が初めての試み。スタジオも、いつもの会議室のセットと比べ、ソーシャル・ディスタンシングを確保した配置になっているため、マツコは「席が遠いから、こんなに声を張って話すの本当に久しぶり。昔はいつも、これくらい声を張っていたのに。原点に戻らないと!」と気を引き締める。

先月から始まった非常事態宣言を受け、今年4月の日本でのYouTubeの総再生回数は爆発的に急増したという。

HIKAKINから、この自粛生活を聞かれたマツコは「元来働き者じゃないから、今までは働かなきゃいけない環境をあえて作って、働いてきたの。でも、今までみたいな生活をしたまま、死んでいっていいのかな? (生活を見直す)とても良い機会になったと思う」とコメント。

HIKAKINは「こんなに家で動画を編集する時間も5年くらいなかったので、改めて時間の使い方を考え直す良いきっかけになった」と語る。

またマツコは、HIKAKINの実年齢を聞いて、あまりの若さに驚がく。それでも、31歳はYouTube界ではかなり最年長になるというHIKAKINに対して、「もう私みたいなババアは絶対に近づかないようにしないと…」と弱気になる。

番組ではオーディエンスから選ばれたHIKAKINの影響力を熱く語るマツコに、HIKAKINが思わず涙ぐむ場面も見られる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ