マツコ、『かりそめ天国』2カ月ぶりのスタジオ収録に「怖かったもん」


タレントのマツコ・デラックス有吉弘行がこのほど、きょう22日放送分のテレビ朝日系バラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週金曜 20:00~)の収録に約2カ月ぶりに参加した。

スタジオでは、ソーシャルディスタンスをとり、それぞれの間には透明なアクリル板で仕切りが。新しいタイプの座り位置に、マツコは「ちょっとやりにくいね、これ(笑)」、有吉も「役所の受付みたい」と苦笑いだ。

「美容院に行けなくて大変だったんじゃない?」という問いかけにマツコが大きくうなずくと、有吉は「ハリーポッターの髪が長くて大きいあの人(=ハグリッド)みたいになってるんじゃないかと思っていた」という。

マツコは、ステイホーム期間中の自身を「ひどいもんだった!」と振り返り、「どこまで生まれたままの姿に戻れるか試そうと思った」とのこと。髪やネイル、肌の手入れもしていなかったと話し、「楽しくなってきて、いっそこのままの姿で出ちゃってもいいかなと思った」とも。

2カ月ぶりの収録について、マツコが「怖かったもん。しゃべれるかなって」と吐露すると、有吉も「最近は、この時間帯は、昼寝の時間だった」と回想。最少人数で距離をとって行われた収録に「しばらくはこういう状態が続くと思ったほうがいいよね」と感想をもらしながら、このご時世やこれからのテレビ番組についても、思うところを語り合う。

また、ポン酢をめぐって論争を繰り広げている有吉と、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建に新たな展開。今回の放送では、渡部から「今食べるべきテイクアウトグルメ」が提案されるが、渡部のこれまでのポン酢へのスタンスを覆すような出来事も。それに対する有吉の反応とは。

その流れで、ステイホーム期間中に「ご飯をどうしていた?」という話題になると、有吉は「めちゃめちゃ上達した」と言い、「マカロニサラダを大量に作って、サラダに飽きたらそれをグラタンにした」と明かす。

さらに、有吉が土鍋で鯛めしを炊いたことや、しいたけの栽培をしていることが明らかになると、マツコは思わず「一緒に住もうよ、あたし掃除やるから!」と誘い、「この人やっぱりすごいね…」と感嘆する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ