好きな人を逃さないための「好意の示し方」とは?

yummy!

2020/5/22 07:30


好きな人を逃さないための「好意の示し方」とは?

気になる男性ができたけれど、「あからさまな好意を示したら、逃げられてしまうのではないか」「まだ相手の気持ちがわからないから、強すぎる好意は向けられないけど、好きだということは仄めかしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか? 
今回は、好きな男性がいる方向けに、ストレート過ぎない好意の示し方をご紹介していきます。

目次

好きな人を逃さないための「好意の示し方」1 遊びに誘う


好意を示すためのもっとも簡単な方法は、彼を遊びに誘うことです。できれば、ふたりきりのデートに誘うのがよいですが、そこまで距離を詰められていない、という場合は、大人数でのお出かけを計画しちゃいましょう。
相手を遊びに誘うということは、もう一度会いたい、と伝えることでもあります。思い切って遊びに誘いましょう。
そのとき、注意すべきは、自意識過剰になって、「もしその日空いてたらでいいんだけど、無理しないで」などと予防線を張らないことが大切です。そんなに及び腰になってしまったら、あなたの脆弱性がまる見えになってしまって、「この子、自信がないんだな」と思われてしまいます。「○日、〇〇行かない?」とストレートに誘いましょう。

好きな人を逃さないための「好意の示し方」2 好きなタイプを聞く


次に、好きなタイプについて聞いてみましょう。彼の答えはどうでもいいのです。好きなタイプをあなたが聞いたら、彼はあなたにも「好きなタイプは?」と聞いてくるでしょう。それがコミュニケーションというものです。
そこであなたは、彼に当てはまることだけを述べましょう。彼が長身のメガネ男子なら、「メガネをかけていて背は高めで」などです。「あれ、この子、自分のこと好きなのかな?」と思わせることができたら、自然と彼はあなたを意識することになるでしょう。

好きな人を逃さないための「好意の示し方」3 再度遊びに誘う


一回ふたりで遊びに行くことができたら、「いつ告白しようかな」とあなたは思うかもしれません。ですが、早まる必要はありません。もう一度、遊びに誘いましょう。遊びに誘う、ということは、またあなたとふたりで会いたい、という小さな告白でもあります。小さな告白を積み重ねていくことで、彼はあなたの気持ちに気がつくはずです。

デートに誘うのが一番手っ取り早い!告白しなくてもあなたの好意は伝わります


今回は、好きな人を逃さないためのさりげない好意の示し方をご紹介しました。ストレートに想いを伝えるのはちょっと気がひける、という方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。
デートを断れたら? それは幸いです。彼に脈がないことが早くわかってよかったですね。次に行きましょう。
デートに誘う勇気がなくてもじもじしていたら、脈がない人のために時間を無駄にすることになります。気になった人は即デートに誘う、を心がけましょう。
(今来 今/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ