ANN復帰のナイナイ矢部、妻・青木裕子は「じゃあ寝るね」とあっさり


お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之と岡村隆史が21日深夜、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜25:00~)に生出演。先週の放送より、5年8カ月ぶりに矢部がレギュラー復帰し、2人で再出発を果たしたが、この日は「ピョン吉」という怒鳴りで番組をスタートさせた。

岡村が4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、新型コロナウイルスの影響で収入が減少して生活に苦しむ女性が、終息後に短期的に風俗業に携わる可能性があると発言し、「女性蔑視」「性的搾取」など批判の声が続出。30日の同番組で謝罪し、相方の矢部浩之も登場して公開説教した。その後、矢部は連続して番組に出演。14日の放送で矢部のレギュラー復帰を発表し、『ナインティナインのオールナイトニッポン』として再出発を切った。

再出発にあたり、オープニングで2人そろって一言を発する“怒鳴り”を復活させた2人。この日は、「ピョン吉」で番組をスタートさせた。

矢部は「復活してから矢部のフリートークゾーンも作っていただいて、なんかすいません。気を使っていただいて」と恐縮。「5年半あいているからほんまに生活変わった。それはそれはありえへんとこ出かけているから。私生活がガラッと変わって東京の公園まあまあ行った」と、『ANN』から離れていた間の生活について語った。

この時間にはもう寝ているという矢部。リスナーから「眠くないですか? 奥さんは今日なんと言っていましたか?」と聞かれると、「(普段この時間は)まあまあベロベロになって寝ている。今、外出自粛やからちょっと飲んで寝ようかって、ついつい多めに飲んで」と話し、「今日はね、ちょうど出てくる前に裕子さんは『じゃあ寝るね』ってあっさり」と妻であるフリーアナウンサー・青木裕子の言葉を明かした。

14日の放送で矢部は、4月30日の緊急出演について「夕方くらいに自宅の家のキッチンで嫁が洗い物して、洗いながら『行ってあげたら?』って言われて。俺、ドキッとして『かっこいい』と思って。その一言がなかったら迷ってたかも。普段仕事の話もしないし、余計にびっくりした。気にしてくれてたんやなと思った。それでスッと『あ、行こ』って思った」と、妻の言葉で出演を決心したと語っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ