ももクロ あーりん総合プロデュース「浪江女子発組合」の新曲配信スタート

dwango.jp news

2020/5/22 00:21


ももいろクローバーZの佐々木彩夏が総合プロデューサーを務めるグループ「浪江女子発組合」の新曲『ミライイロの花』が、5月22日0時より配信がスタートした。



今回配信された『ミライイロの花』は、坂道グループやハロープロジェクトの楽曲を手掛けている板垣祐介が楽曲提供をし、浪江町で実際に行われている伝統的なお祭り「安波祭(あんばまつり)」をテーマにした楽曲となっている。詞では「笑顔と活気があれば、止まってしまった時間も再び動き出す」ということが表現されており、メロディも含めて明るく前向きな曲に仕上がっている。浪江発の笑顔と元気が届くように、という願いが込められた楽曲となっているので、ぜひ聴いてほしい。

「浪江女子発組合」は、福島県双葉郡浪江町を中心に【浪江発の風に乗せて、あなたに届きますように】をキャッチフレーズに掲げ活動をしているスターダストプラネット所属の新グループとなる。2019年11月24日に浪江町で開催の「復興なみえ町十日市祭」にて誕生し、ももいろクローバーZの佐々木彩夏、アメフラっシの愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花、B.O.L.T(ボルト)の高井千帆、内藤るなの計7名のメンバー構成となる。今後のスケジュールはオフィシャルHPやオフィシャルTwitter、オフィシャルinstagramでチェックしよう。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ