ローソンで最大11%還元、auポイントとPonta統合のメリットは


KDDIが運営するポイントサービス「au WALLETポイント」と「Ponta」の統合が21日から開始されました。au WALLETポイントはPontaポイントとなり、今後はPonta加盟店でもポイントを貯めたり使ったりができるようになります。Pontaとの統合で1億を超える会員基盤を抱えるKDDIは、決済事業でさらなる成長を目指したい考えです。私たちの生活では、今後どういう場合におトクになるのでしょうか?

○au PAY×Pontaでポイントがダブルで貯まる

Pontaを運営するロイヤリティマーケティングとKDDIは2019年12月に提携を発表し、統合に向けた作業を続けてきました。それがようやく完了し、実際の統合が21日から開始されました。Pontaユーザーでかつau PAYを使っていない利用者に関しては、特別な変更は必要ありません。大きく変わるのはau PAYのユーザーです。

これまで蓄積してきたau WALLETポイントは、そのままPontaポイントに自動的に置き換わります。au PAYでの支払いをはじめ、auサービスの利用で貯まるポイントは、今後はPontaポイントとして貯まります。Pontaとの連携は任意ですが、すでに保有しているPontaポイントがあれば連携することで両者のポイントは合算されます。

さらに連携によって、Ponta加盟店でau PAYを使った場合にポイントが追加で貯まるようになります。もともと、au PAYの支払いでは200円で1ポイント(0.5%)が自動的に貯まります。ID連携したPontaカードを提示すると、100円または200円で1ポイントが貯まりますので、その両方のポイントが貯まることになります。au PAYで支払いができる加盟店で、かつPontaが貯まるPonta提携社であれば、最低でも200円で2ポイント(1%)が貯まることになります。

貯まったポイントは、従来のPontaポイントと同様に支払いに使うこともできますし、au PAYの残高として1ポイント1円でチャージすることもできます。チャージ自体は100ポイント単位ですが、Ponta提携社以外でも貯まったポイントを支払いに使えます。

PontaとのID連携は、au PAYアプリのアップデート後、最初の起動時に行われます。連携する場合、既存Pontaとの連携をするか新規にPontaカードを発行するかを選択でき、連携後は、au PAYからPontaボタンを押せばカードの券面を表示できるようになります。そのため、従来のプラスチックカードを持ち歩く必要はなくなり、au PAYアプリからポイントカードを提示してそのまま支払いまでが可能になります。

連携しなくても、既存のPontaカードを提示してau PAYで支払えば、それぞれ別にPontaポイントが貯まります。ですが、連携するとそれがひとまとめにできる、という点がメリットです。au PAYアプリとローソンアプリでは、21日からアップデートで連携に対応。Pontaアプリでは、6月中旬からau PAYとの連携機能を提供する予定です。

さらに、ローソンではポイント還元率を強化。6月1日からは、auユーザー以外でも最大5%還元するキャンペーンを実施します。Pontaカードの提示で最大1%、au PAYでの支払いで4%のポイントが貯まる形で、毎月3のつく日(三太郎の日)では、これがau PAYの支払いで7%たまり、最大で8%の還元になります。auユーザーの場合、三太郎の日はau PAY支払いが10%になるので最大11%の還元が得られます。

au PAY決済でのローソンでのポイント増量は、auユーザー向けにはすでに提供しており、決済回数はほかに比べて1.2倍の数となっていました。これをauユーザー以外に拡大することで、au PAY利用をさらに拡大させたい考えです。

○au PAYカードが誰でも作れ、ポイントも貯まりやすく

auの決済サービスでは、クレジットカードの「au PAYカード」も提供されています。au PAYは少額決済、au PAYカードは高額決済にも使えるとして利用されていますが、「クレジットカードは少額決済でためらう人がいる」と同社の担当者は話します。ただし、au PAYの残高チャージにクレジットカードを使えば、高額でも少額でもクレジットカードが利用できることになります。

今後、クレジットカードのau PAYカードも強化されます。従来はauユーザーに限っていたカード発行がauユーザー以外にも開放され、誰でも契約が可能になります。通常カードはau通信サービスの契約がなくても年会費の無料化が簡単で、au PAYへのチャージに利用することでPontaポイントが1.5%還元されるようになります。

従来、au PAYカードは決済で1%(200円で2ポイント)の還元率でしたが、これが100円で1ポイントの1%に変更されます。よりポイントが貯まりやすくなりますが、この変更は6月23日からとなります。

5月21日からは、au PAY残高へのチャージが増額されます。従来は200円で1ポイントの0.5%でしたが、これが200円で2ポイントの1%になります。6月23日からは、これが100円1ポイントに変更される予定です。これに、au PAY決済で0.5%のポイントが付与されるので、合計で1.5%の還元となります。

au PAYカードの年会費は、auユーザーは無料ですが、それ以外は初年度無料、翌年度から1,250円となります。ただし、1年の間に1回でも利用があれば無料になるので、「実質的には無料」(同社)という位置づけです。なお、au PAYゴールドカードは年会費10,000円で、これは無料化の対象ではありません。

au PAYカード単体で使う場合、ローソンではau PAYと同様にポイント還元を強化。Pontaカード提示で最大1%、au PAYカード決済で5%の最大6%還元となります。三太郎の日では、カード決済がauユーザー以外で8%、auユーザーは11%になるので、それぞれ最大9%、12%の還元です。

au PAYカードのau PAY残高へのチャージは手動で行う必要があり、オートチャージには対応していません。しかし、これも今後対応していく予定で、「上期中にはリリースしたい」(同社)としています。

従来は、au PAYカードとau PAYプリペイドがありましたが、プリペイドに関してはau PAYでカバーできるという考えを示しており、「au PAYとau PAYカード」の組み合わせを訴求していくようです。

新型コロナウイルスの影響でデリバリーサービスへの需要が高まるなか、出前館とピザハットの利用でPontaポイントが10%貯まるキャンペーンも実施します。6月15日から9月13日までの限定で、1カ月あたり最大2,000ポイントとなっています。

au PAYは、オンライン利用への対応が遅れています。ECサイトでの支払いにau PAYを使うことはいまのところできない状況ですが、同社では「急いで対応を進めているところ」としています。当面は、au PAYカードでのデリバリーサービスへのキャンペーンを実施し、今後、アプリの機能強化を含めて対応を進めていきたい考えです。

また、2月から3月にかけて実施した毎週10億円還元キャンペーンで利用者が拡大し、au PAYは決済件数、決済額ともに大幅に上昇したそうです。それ以降も、新型コロナウイルスの影響は多少あるものの、順調に拡大しているとしています。このことから、「今期も引き続き成長に向けて一定の効果が見込める金額規模のコストを投下していく」と同社。ただし、現状は店舗に人が殺到する「三密」を避けるために、キャンペーン時期は慎重に検討していく考えです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ