飛行機に一生タダ乗り、生涯無料で食べ放題…想定外の場所で誕生した赤ちゃんに贈られた太っ腹プレゼント

予想外のタイミングで陣痛が起こり、想定していなかった場所で出産した―という話をまれに聞く。そのような急なお産で赤ちゃんが無事に生まれ、母子ともに体調に問題がないだけでも大変喜ばしいことだが、変わった場所で生まれたためにその誕生を祝して“太っ腹なギフト”が贈られるラッキーもあるようだ。

2017年6月18日、サウジアラビアのダンマームからインドのコーチへ飛行中のインド航空会社「ジェットエアウェイズ」ボーイング737の機内で妊婦が急に産気づいた。幸い搭乗していた救急救命士やCAがお産を手伝い、赤ちゃんは機内で無事に誕生した。実はインドを拠点とする航空会社で飛行中に赤ちゃんが生まれたケースはこれが初めて。そこでジェットエアウェイズはこの赤ちゃんに一生分の航空券を無料で提供するという破格の誕生日プレゼントを贈ったのだ。

これ以前にも機内で生まれた赤ちゃんに航空会社がプレゼントを贈ったケースはいくつかある。同じく一生分の航空券をプレゼントしたのは、航空会社「エアアジア」。2009年にマレーシアのペナンからクチン行きのわずか2時間ほどのフライトの途中で赤ちゃんが機内で誕生し、この赤ちゃんには一生分の航空券を無料にするという太っ腹な約束がなされた。

他にも「ブリティッシュ・エアウェイズ」は1990年にガーナからロンドン行きの機内で生まれた赤ちゃんに、18歳の誕生日にファーストクラスの航空券をプレゼント。またヴァージン・アトランティック航空では、赤ちゃんが21歳の誕生日を迎えるまで―という期限付きで航空券代を無料にすると約束した。2016年8月には、ドバイからフィリピンのマニラへ飛行中のセブパシフィック航空機内で生まれた赤ちゃんに100万マイレージポイントがプレゼントされたこともあった。

このような誕生にまつわるプレゼントをもらった超ラッキーな赤ちゃんは他にもいる。2018年7月17日の夜、米テキサス州サンアントニオにあるファストフードチェーン店「チックフィレイ(Chick-fil-A)」で想定外の出産をしたマギー・グリフィンさん。陣痛が始まったため夫が運転する車で病院へ向かっている最中だったが、陣痛が激しくなり店のトイレを借り、そのまま夫の介助で女児を出産した。そこで店側は、記念にこの赤ちゃんの店での食事を生涯無料にすると申し出て、さらに赤ちゃんが14歳になったら初アルバイトに採用すると約束したそうだ。

生涯タダで飛行機に乗れたり、ファストフードでお金を払わず食べ放題…と羨ましい話ではあるが、これはあくまでも偶然の産物。対照的に2019年には豪メルボルンで、ファストフード「KFC」が大好きな女性がロゴタトゥーを唇の内側に彫って話題になった。この女性は「KFC」のタトゥーによりKFC側から無料で食事を提供するというオファーが舞い込むのを期待していたようだが、「なんておバカな…」「無料にしてほしいからってここまでする!?」「KFC側だってこんな宣伝してもらわなくたっていいって思ってる」「ロゴっていうより単なる文字じゃないか」といった残念な声があがっていた。

画像は『KSAT.com 2018年7月19日付「San Antonio couple delivers their baby in Chick-Fil-A bathroom」』『Jet Airways 2017年6月10日付Instagram』『Metro 2019年2月4日付「Woman wants free KFC after getting the logo tattooed on her lip」(Picture: Caters News)』『Inside Edition 2016年8月16日付「Cabin Crew, Prepare For Delivery! Woman Gives Birth During Flight」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ