アルピー・平子が語る“夫婦円満の秘訣”を千鳥が大絶賛「オンライン授業した方がいい!」

dwango.jp news

2020/5/21 20:40


お笑いコンビ・千鳥がMCを務めるレギュラー番組『チャンスの時間』が5月20日(水)よりABEMA SPECIALチャンネルにて放送された。

5月20日(水)の放送回では、タレントの鈴木奈々をリモート出演でゲストに迎え、お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希が講師として“愛の授業”を展開する大人気企画「しまくり先生!」第2弾を実施。番組では、外出自粛が続く中、家で過ごす時間が多くなるにつれ、“夫婦喧嘩が急増している”という問題に焦点を当て、「しまくり先生!番外編」として、平子先生が夫婦円満の秘訣を伝授した。

早速、講師として登場した平子は「夫婦喧嘩は全く問題ありません。むしろ喧嘩OK」と、夫婦喧嘩を肯定するところから授業を開始。「お互いがお互いの要望を叶えあおうとする。結局、お互いに見合ってる。それが喧嘩。だから喧嘩っていうものを表面だけで捉えてほしくない」と、夫婦喧嘩について持論を展開。“そもそもなぜ喧嘩をしてしまうのか”という疑問に対しては、「実は、2人の距離が遠いんです。全然近くない。距離感がすごく半端」と解説し、「相手の体温が感じられるくらい。鼓動が感じられるくらい。もともと好きで一緒になった人の命の鼓動が聞こえる。そこまで近づいた上で、相手を疎ましいと思うことなんかないぜ」と力説。これに大悟は「たしかに」と納得の表情を浮かべながらも、「でも正直、子どもとかもいるし(ずっと密着しているのは)恥ずかしい」と本音を吐露。平子先生は「うんうん。照れが出ちゃうんでしょ?なんで?“好き”から。“好き”から出る気持ちよ、照れってのは」と返し、その力説ぶりとあまりのテンポの良さに一同は爆笑。また、「あまりくっついたりしないんですよね。もう12年一緒にいるので、イチャイチャすることがすごく減りました」と、“イチャイチャするきっかけ”がないと打ち明けた鈴木に対して、平子先生は「衝動」と一言でアドバイス。「計算はいらない。衝動」と断言し、さらなる笑いを誘った。



そして、授業の後半では、夫婦喧嘩の“仲直りの方法”についてレクチャー。まず、初級編として “「。」まで待とう”との教訓を示した平子先生。「奥さんの言い分を『。』がつくまで待つことが大事。奥さんがまくしたててくる中で、どうしてもツッコミどころがある。それを止めてしまうと、(奥さんの中で)鬱屈したモヤモヤがずっと残っちゃう」と解説しました。そして、妻に一方的に言われてしまったときの夫側の返しとして、平子は「先生の場合、こう言います。“チクショー!大好きだ!”」と声を張り上げ、「だってさ、なんで(奥さんは)まくしたたてる?なんでその人は俺に言ってる?こっちに対してそれだけの熱量を持ってる証拠でしかない。ずっと“愛の告白”されてるのと一緒。だったらこっちもそれで返す『チクショー!大好きだぞ!』と」と続け、そのあまりの熱気に千鳥の2人は圧倒されながらも、「先生、『チクショー!』もいるんですか?」と爆笑。一方の鈴木は「もうそれ言われたら喧嘩収まっちゃう気がします。嬉しくて」と感心した様子で語り、大悟は「ほんまか?(笑)」と、疑いのツッコミを入れた。

そのほか、大悟に「外で(浮気)する必要ないっすやん」とまで言わしめた、良好な夫婦関係を築くための“新たな視点”や、“行動で示す”仲直りの方法・中級編、さらに、自粛期間を“おうちデート期間”に変える“会話術”など、“夫婦円満の秘訣”を一挙大公開。次々と飛び出す平子先生の名言にスタジオは終始驚きと笑いに包まれ、ノブは「オンライン授業した方がいい!」と太鼓判を押した。

(C)AbemaTV,Inc.

【関連】千鳥、初のリモート合コンに大興奮「これは盛り上がるわ」

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ