ドラえもん、ドラゴンボール、ゲッターロボ、バビル2世の音楽を作曲した菊池俊輔の生誕を記念した『菊池俊輔音楽祭』 ニコニコ動画にて初放送

SPICE



2020年5月23日(土)・5月30日(土)21時より、ニコニコ動画にて『菊池俊輔音楽祭』が初放送されることが決定した。

本音楽祭は、ドラえもん、ドラゴンボール、ゲッターロボ、バビル2世の音楽を作った作曲家・菊池俊輔の生誕86年を記念し、作曲家公認の上で2017年に行われたコンサート。世界で人気の菊池サウンドを、ストリングスとブラス、ドラム、エレキ楽器などを絶妙にブレンドし、ハイブリッドサウンドとなった名曲の数々を披露する。公演の模様はニュース映像として特集され話題を呼び、その後、2019年にはライヴCDも発売した。そんな伝説とも称されるコンサートの映像が、23日と30日の2週にわけて全編公開される。
『菊池俊輔音楽祭』より
『菊池俊輔音楽祭』より

23日(土)の第一部では、Dr.スランプ アラレちゃん(1981)「ワイワイワールド」、『ゲッターロボ 組曲』(1974)『バビル2世 組曲』(1973)など。30日の第二部では、『ドラえもん 組曲』、『ドラゴンボールZ 組曲』などが披露される。
『菊池俊輔音楽祭』より
『菊池俊輔音楽祭』より

菊池俊輔音楽祭によせて 西耕一(企画プロデューサー)


幼い頃の私にとってテレビから聴こえてくるアニメや特撮の音楽は、最新の音楽情報でした。それらの音楽はオーケストラを使い、クラシックの基礎を持ちながらも多種多様な音楽を取り入れ、ロックやテクノも取り込みんだ「ハイブリッド音楽」でした。喜怒哀楽を豊かに彩り、インパクトのある主題歌やオープニング曲だけでなく、映像にあわせた音楽もバラエティーにあふれ、自然と心に入ってくるものでした。平成、令和の時代に改めてそれらの音楽を振り返ると、これは後世に受け継いでいくべき日本の音楽ではないか? と考えるようになりました。世界中で日本のアニメ、特撮音楽が人気であることは作品だけでなく音楽の魅力もあるはずです。しかし、これほどに素晴らしい音楽の殆どがBGMとしてだけ使われ、CDになることも少ない。
ましてやコンサートで演奏なんて……。それでは残るものも残らない。
音楽自体の素晴らしさの再確認を、と映像音楽の復元コンサートを続けています。
この音楽祭で演奏される菊池俊輔作品は20~50年前に発表されたものであり、楽譜も残っていません。作曲者の菊池俊輔先生が常に前進して仕事をするため、過去を振り返らないためだったかもしれません。今回、菊池先生が、聴き取りによる楽譜の復元編曲を御許可くださり、ついに生演奏ができることになりました。改めて選曲構成をご協力くださった貴日ワタリさん、関係者の皆様に深く御礼申し上げます。
菊池サウンドは、これからも日本独自の音楽文化として受け継がれていくと思います。これまで音楽で夢と希望を与えてくれた菊池俊輔先生への感謝とともに今後も名曲たちが世界に広がることを祈念いたします。
ポストコロナ以降にも、素晴らしい菊池俊輔サウンドを味わえる日が来ると信じています。

菊池俊輔プロフィール

作曲家 菊池俊輔
作曲家 菊池俊輔

1931(昭和6)年11月1日、青森県弘前市出身。日本大学芸術学部音楽学科(作曲専攻)卒業。
1961(昭和36)年、佐藤肇監督作品『八人目の敵』(東映)でデビュー。その後、東映を中心に、松竹、大映などで数多くの映画音楽を手がける。テレビ音楽デビューは、1963(昭和38)年のNHKドラマ『野菊の墓』。その後、『キイハンター』から『Gメン'75』などのTBS系放映の東映アクション・ドラマ、『赤い疑惑』をはじめとする「赤い」シリーズ、『スチュワーデス物語』『スクール☆ウォーズ』などの大映テレビ作品、『暴れん坊将軍』など、数多くのジャンルで活躍。アニメーションは、1965(昭和40)年の『宇宙パトロールホッパ』を皮切りに、『タイガーマスク』『バビル2世』『ドカベン』など、1971(昭和46)年『仮面ライダー』から続く同シリーズや、2011(平成23)年に映画化で音楽もリメイクされた『電人ザボーガー』(1974)をはじめとする数多くの特撮ヒーロー番組、子供向けドラマの主題歌、挿入歌、BGMを担当。手がけた作品は、大ヒットによって長寿となるものが多い。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ