欅坂46・小林由依、“ぽんぽん”イジりに主張「マジでやめてほしい」

クランクイン!

 欅坂46・小林由依が17日放送の『欅って、書けない?』(テレビ東京/毎週日曜24時35分)に出演。MCの土田晃之・ハライチ澤部佑からの“ぽんぽん”呼びイジりに真顔で「マジでやめてほしいんですけど」と言い放ち、スタジオを笑いに包んだ。

この日の『欅って、書けない?』は、1期生・2期生・2月16日に欅坂46への配属が発表された新2期生による三つ巴対決の後半戦。注目を集めたのは、365日食べてもいいくらいパンが好きだという新2期生・守屋麗奈が提案した「パン対決」での一幕だった。

参加者の藤吉夏鈴が、対戦相手となる渡辺梨加と守屋に対して「勝てそう」と発言したことを受けて、澤部は守屋に対して「これは麗奈、イラっときたでしょ」と呼びかけ。突然の名前呼びにすかさず小林が「麗奈って」とぼやくと、澤部は慌てた様子で「小林のまた悪いとこ出てるわ! 俺もドキドキしながら下の名前で呼んでみたのに」となげく。

そこへ土田が「え、誰が指摘したって?」と質問。「いや、小林が...」と返す澤部だったが、「いや小林じゃないでしょ」と土田。ここで澤部がハッとした表情を浮かべ、土田と共に「ぽんぽん!」と声をそろえる。

以前の放送で、小林の“ゆいぽん”というニックネームから“ぽん”を外してほしいと主張していた小林。その際に山崎天が“てんてん”と呼ばれている流れから、小林の“ぽんぽん”というあだ名が生まれてしまい、そもそも“ぽん”を外したかった小林はこれを強烈に嫌がっていた。

今回の土田、澤部による“ぽんぽん”イジりにも小林は「ねぇやだほんとに」と笑いながら拒否していたが、次の瞬間には真顔で「マジでやめてほしいんですけど」と主張。「怖っ」と笑いが巻き起こると、澤部は「もう(守屋を)麗奈って呼べなくなっちゃった...」とつぶやいていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ