『TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM』ジョシュア・レッドマン、ボブ・ジェームス、⽇野皓正、Ovall × Gotchら 第3弾出演者&コラボ企画を発表

SPICE


5月23日(土)・24日(日)20~22時(予定)に配信される『TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM』の第3弾ラインナップが発表された。

今回発表されたのは、Ovall × Gotch、小田朋美 × 中山晃子、川口千里、ゴーゴー・ペンギン、till Dreaming with ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング、TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス、日野皓正、ボブ・ジェームス、マイケル・リーグ from Snarky Puppy、マンハッタン・トランスファー、ミシェル・ンデゲオチェロ、リー・リトナー。そして、MCにはすでにアナウンスされているハリー杉山に加え、セレイナ・アンが決定した。なお、各アーティストの出演日は後日発表となる。

合わせてコラボレーション企画も発表された。詳細は以下のとおり。

Hiromi and Joshua Redman


これまでも多彩なアーティストとセッションを繰り広げてきた上原ひろみ。今回は世界的サックス奏者ジョシュア・レッドマンとの初コラボが決定した。元々はNHKホールの同じ昼の部で出演予定だったジョシュアと、オンラインでリモートセッションを繰り広げる。

Ovall × Gotch


mabanuaによるトラックをベースに、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が書き下ろした最新曲を、Ovallとのコラボ演奏で初披露。

TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス


踊れるジャズバンド・TRI4THが、フランスのジャズフェス『Jazz à Vienne』とのコラボ企画でチャイナ・モーゼスと遠距離セッション。

小田朋美 × 中山晃子


CRCK/LCKSでも活動する音楽家・小田朋美と、画家・中山晃子による新しいパフォーマンス。小田の音楽と中山の「Alive Painting」による収録作品とリアルタイムが交差する初のコラボレーション。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ