【アニメ飯レシピ】『ゴールデンカムイ』の「オハウ」

数々のマンガやアニメで登場する“マンガ飯”と“アニメ飯”。
おいしそうな匂いや味まで伝わってきそうな表現に「食べてみたいなぁ」と思うこと、ありますよね!

 

今回は、そんな食べてみたい“アニメ飯”の一つ、『ゴールデンカムイ』の「オハウ」を再現。レシピをご紹介します。

 

 

「オハウ」って?

 

「オハウ」は北海道の先住民族・アイヌの伝統料理であり、鹿や熊などのジビエや魚などと、その土地で採れる行者ニンニクなどの野草や野菜を鍋で煮込んだ汁物のこと。味付けは塩や魚油が使われていたそうです。具沢山の汁物で、主食が存在しない狩猟・漁ろう民族であるアイヌの食生活の中心を成す料理でした。北海道の郷土料理である“石狩鍋”や“三平汁”のルーツとも言われてます。

アニメ『ゴールデンカムイ』では、第2話でアシリパが杉元に最初に教えた「リス肉のオハウ」をはじめ、さまざまな種類の「オハウ」が登場しています。

 

今回は、定番の「鮭のオハウ」をご紹介します。

 

 

材料

 

 

・塩鮭 2切れ
・スモークサーモン お好みで
・ジャガイモ 2~3個
・ニンジン 1/2本
・大根 1/2本
・長ネギ 1本
・塩 小さじ3
・水 3~4カップ
・昆布 1枚
・かつおだし粉末 小さじ2

 

 

作り方

 

① 塩鮭、スモークサーモンをひと口大に切る。じゃがいもは皮をむいてひと口大に切る。

 

② にんじん、大根は皮をむいて乱切りにする。長ネギは薄く切る。

 

③ 鍋に水を入れ、昆布とかつおだし粉末を入れて中火にかけ、出汁をとる。

 

④ ③で出汁がとれたら、一旦火を止めて昆布を取り除き、大根とニンジン、じゃがいもを入れて再度中火にかける。

 

⑤ 大根、ニンジン、じゃがいもに火が通ったら塩鮭を入れる。鮭の色が変わってきたら長ネギ、スモークサーモンを入れ、最後に塩を少しずつ入れて味をととのえたら完成。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

・出汁で使った昆布は細切りにしてトッピングとして活用できます。
・たまねぎやカブなど他の野菜を加えることでボリューム感が出て野菜をたくさん摂ることができます。

 

 

いかがでしたか?

塩味の中に鮭と野菜のうま味があって食が進みます。今回は鮭を使った「オハウ」を再現しましたが、牛肉を使った「牛肉のオハウ」や野菜だけを使った「野菜のオハウ」など、自分でアレンジをすることでいろいろと楽しむことができます。

ぜひお試しいただいて“ヒンナ! ヒンナ!(アイヌ語で食に感謝すること。おいしいという意味)”してみてはいかがでしょうか?

WRITER

  • Jins
  •        

  • 北海道を中心におしゃれな農業活動、料理、ハンドクラフト、写真とマルチに活動中。映画やアニメ、ゲームといったサブカルチャーも大好きでインドア・アウトドアをにこだわらない多趣味持ちです。近日、自身のYouTube チャンネルを開設予定。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ