『美食探偵』で“密”を避けた撮影方法 ラストシーンに「いつもより心に響いた」と反響

テレビドラマでは現在撮影がままならない状況が続き、放送を延期したり再放送をしたりして対応している。そのなかでこれまで順調に放送を続けてきた日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』も17日放送の第6話をもって次回から放送を延期することになった。そしてその第6話でラストシーンは異例の演出で撮影されたが、「感動しました」「ものすごく心に響く演技でした」などと反響を呼んでいる。

現在撮影を中断して推移を見守っているという俳優・中村倫也主演の『美食探偵 明智五郎』。24日に放送予定だった第7話から放送延期が決定した。

休止前の第6話では、撮影が通常通りに行えた期間内にラストシーンが撮り終わっていなかったため、これまでとはまったく異なる演出となった。この回では明智五郎(中村倫也)にほのかに恋心を抱き始めた小林苺(小芝風花)が、クライマックスで殺人鬼“マグダラのマリア”へと化した主婦(小池栄子)との“明智への思い”の差をまざまざと見せつけられてしまう。そのクライマックスを終えるとドラマは一転、突如、真っ暗な闇のなかに苺がライトで浮かび上がった。そこに明智がやってきて、2人はかなり離れた椅子に座って向かい合う。そこで苺は涙ながらに切ない胸のうちを明智に訴えて最後には泣きじゃくるが、そこには『「新型コロナウイルス」の感染拡大を受け、このような形で放送させていただきました。』とのテロップが入った。

余計な物を一切排除した暗闇のなかの明智と苺。そのシンプルさがかえって2人を際立たせて、苺の思いが切々と伝わってくる。そしてソーシャルディスタンスに配慮して2人は離れて座っているが、まるで苺と明智の心の距離を象徴しているかのようだ。このシーンに「ラストシーン素敵でした」「素晴らしかったです…!」「最後のシーン、感動しました」「ものすごく心に響く演技でした」「最後のシーンがいつもより心に響いて来ました。いちごちゃんが切なくて…。まるで舞台を観ているかのようでした」などと視聴者は心を揺さぶられたようだ。また「予定とは違う撮影になりながらも届けてくださったことに感謝の気持ちでいっぱい」「あんな風にしてまで撮影してくれてありがたい…」と感謝する視聴者も見受けられる。「最後のはそういう演出なのかと思ったらコロナの影響でああなったんか あれはあれで良かった」との声もあったが、撮影を通常通りに続行できないなかこのような形を選んだことで、撮影続行の方法や演出を見出したと言えるかもしれない。

他にも「美食探偵もついにストックがなくなってしまったのかぁ」「ああ、美食探偵も撮り溜め分終了か」「美食探偵も今週で尽きてしまったか…楽しみが…うう…」「早く観られますように」など残念がるコメントもあがっているが、24日からは3週にわたって『美食探偵』の地上波未放送のオリジナルストーリーを含む特別編を放送するという。第7話の放送日は決まり次第、番組公式サイトや公式SNSで発表するそうだ。

画像は『美食探偵 明智五郎【公式】 2020年5月16日付Instagram「来週5月24日(日)から3週に渡り「美食探偵 明智五郎」特別編を放送することが決まりました。」、2020年5月17日付Instagram「【第6話ご視聴ありがとうございました】」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ