いよいよ1周年☆『ダンキラ!!!』コーチ仲間でオンライン座談会<前編> 心に残ったイベントはカレー?

少年ダンサー育成ゲーム『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』が好きすぎるライターのハシビロコ。このコラムでは、そんなハシビロコが“ダンキライフ”を楽しむための方法や、コーチ仲間との日常をお伝えしていきます。
初心者からガチ勢まで、『ダンキラ!!!』を愛するすべてのみなさんに届け!

「『ダンキラ!!!』ってなんぞ?」という方はこちらの記事をチェック!

 

祝・リリース1周年!

オーレェッ!自称“ダンキライター”のハシビロコです。

2020年5月21日は『ダンキラ!!!』リリース1周年!おめでとうございます!
自分の誕生日を迎えたときよりも嬉しいです。

いてもたってもいられず、さっそくコーチ仲間をオンラインで招集。『ダンキラ!!!』について3時間ほどひたすら語り合いました。

今回はそんなコーチ座談会の様子から、沼落ちの理由や歴代イベントの思い出などをお届けします。

 

登場人物

ハシビロコ

『ダンキラ!!!』リリース勢の三千世界箱推しコーチ。最推しはおぼろ君。『ダンキラ!!!』のおかげで毎日が楽しい。

 

コーチU

リリース約1カ月後にハシビロコとコーチFに布教されて沼落ち。ノエル君最推しエトワールコーチ。ゆかり君も好き。

 

コーチF

リリース勢のおぼろ君推しコーチ。創真さんも好き。

 

コーチN

リリース勢の賢人君推しコーチ。コスプレもたしなんでいる。

 

『ダンキラ!!!』沼のきっかけ

まずは『ダンキラ!!!』との出会いを振り返り。沼落ちのきっかけは、コーチの数だけあるようです。

 

ビロコ:コーチになってから約1年が経ちます。そもそも、みなさんが『ダンキラ!!!』沼に落ちたのはいつ頃でしたか?

コーチF:リリース3日目くらいだったと思います。おぼろ君に初めて「絡みつく毒は美しき旋律」のヴォーグダンスをさせてみたところ、表情が素晴らしくて……。

ビロコ:あのギャップはずるい。当時コーチFから「『毒』のおぼろ君見て!」とスクショが送られてきた記憶が(笑)。

コーチN:うちにも送られてきました(笑)。

コーチF:当時はダンキライン(※)がなかったので、個別に送りつけていたんです(笑)。個人的にソシャゲは推し課金ツールだと思っているので、好きなキャラができると続ける気になります。

(※)ダンキライン
ハシビロコが勝手に作ったコーチ仲間用のLINEグループ。新情報があってもなくてもよく集合する。

 

コーチN:私はストーリーが好きでハマりました。チュートリアルでピンクのおじさんが出てきた時点でもうおもしろすぎて。

コーチF:さらにダンスにまつわる創世記のようなものが始まったので、脳内を疑問符が飛び交いました(笑)。

ビロコ:序盤のノリを見て「『ダンキラ!!!』は『遊◯王』なのかな」と思ったのは私だけではないはず。

コーチN:これまで女性向けゲームは苦手意識があって長続きしなかったんです。でも『ダンキラ!!!』は日曜日の朝に放送していそうなテンションだったので、すぐに入り込めました。

ビロコ:私も女性向け恋愛ゲームでキャラに口説かれると恥ずかしくなってしまう派なので、その気持ちはわかります。
『ダンキラ!!!』は少年マンガのようなノリですし、いい意味でトンチキな要素がある。あとおぼろ君のネガティブ語彙が豊富すぎてハマりました。
メインストーリー6章までは各チームの紹介といった内容でしたが、7章からはこれまで撒いた伏線を回収しにきたような展開。おもしろさがどんどん増しています。

コーチF:7章はあまりにも予想外の展開だったので、途中で脳がオーバーヒートして一旦スマホを閉じました(笑)。スマホゲーム史上初めての経験。

コーチU:その気持ちはすごくわかる(笑)。ちなみに私は「メガネをプレゼントして好感度を上げる(※)」という話を聞いて興味を持った記憶があります。
実際に始めてみたらノエル君が素敵すぎて、気づいたら沼に浸かっていました。

(※)メガネ
キャラ同士の魂のつながり(ソウルリンク)を上げるために実装されている素材。

 

「水着じゃないのかよ!」

(横須賀聖地巡礼イベントで提供されたコラボカレー。また食べに行きたい……!)

 

続いては歴代イベントの話題で大盛り上がり。『ダンキラ!!!』イベントはインパクトの強いものばかりですが、中でも心に残っているのは伝説を残したあのイベントだったようで……。

 

コーチF:期間限定イベントのストーリーは、いい意味でぶっとんでいます

ビロコ:初回のイベントタイトルが「紅鶴ピクニック ヨロレイヒ~!」だった時点で大爆笑。2回目の「ゴールドクラブ 夜のおもてなし♥(※)」はやたらとノンアルコールを強調してきたのがツボでした。

(※)ゴールドクラブ
日ごろの感謝をこめてノンアルコールドリンクをふるまうイベント。

コーチU:私は「はたらけ!月光院家の使用人(※)」でノエル君沼に完全に落ちました。あの懐の深さはすばらしい。

(※)月光院家の使用人
執事イベントかと思いきや船上隠し芸大会が始まった。

 

 

コーチF:私は4回目の「ナマステ華麗(カレー)にダンシング!」で、「ほかの女性向けジャンルとは違うな」と認識しました。
突然のインドカレーイベントに驚きましたし、宇宙を創る壮大なキラートリックが実装されたのも思っていたより早かったです。

ビロコ:「俺たちにはインド要素が足りない!」とダンサーたちが真面目に言い始めたときにはどうしようかと(笑)。

コーチN:当時実装された新曲「ナマステ☆ダンシング」も好きです。公式Twitterで「サイトで歌詞をチェックできる」と宣伝していたので見に行ったのですが、ヒンディー語で書かれていてまったく読めない(笑)。

コーチF:たしか夏開催のイベントだったので、ほかのソシャゲは軒並み水着イベントの告知をしていました。そんな中インドカレーイベントを開催している『ダンキラ!!!』……。

コーチU「水着じゃないのかよ!」と思わずツッコみました。

ビロコ:むしろ予想外すぎておもしろかったです。
夏イベントは「ナマステ華麗(カレー)にダンシング!」、「夏だ!甘味だ!パティシエウォ~ズ」、「おいでよ!マリンユートピア」の3連続コンボ。水着の代わりにパティシエウェアが実装されました。

コーチU:パティシエイベントの酢豚(※)は、もはや伝説です

(※)酢豚
豚肉を使ったスイーツ。誰がなんと言おうとコーチたちの中ではスイーツ。

ビロコ:イベント配布カードのステータスを上げるためのアイテムも好きです。初期のイベントは飲み物や食べ物だったのに、マリンユートピアのときはラッコだったので驚きました。「ラッコ鍋かな!?」と。

コーチU:『ゴールデンカ◯イ』になっちゃう。

 

エイプリルフールの衝撃

(コーチU提供の『ダンキラ!!!』思い出アルバム)

 

作品だけでなく、運営ごと推したくなる『ダンキラ!!!』。はたしてその理由とは?

 

ビロコ:『ダンキラ!!!』はストーリーやキャラクターなどの要素も面白いですが、なにより運営ごと推せるのがすごいと思います。

コーチN:細かい誤字の修正もわざわざアプリ内で報告してくれますからね。

ビロコ:それなのに新規ボイス実装エイプリルフールネタは「おわかりいただけただろうか」という漢らしいスタンス。「もっと自慢していいんだよ!」といつも思います。

コーチU:エイプリルフールのときは、温泉ダンキラ(※)を開始するときの「カポーン」という効果音が好きでした。

(※)温泉ダンキラ
2020年4月1日にログインしたら、ダンサーが全員タオル1枚で踊っていた。フィールドが温泉だから仕方ない。

ビロコ:私もあの音を聞きたくてずっと周回していました。温泉チケットセットを有償で売ってほしい。

コーチU:キラートリック中に「しばらくお待ちください」という画面が出るのもおもしろかったです。

コーチF:放送事故が起こってしまったんですよきっと。タオルで隠し切れないときに発生した謎の光にも大爆笑しました。

ビロコ:実はエイプリルフール前に「わっしょいウェア」が発表されたとき、普段ガードの固いおぼろ君が肩を出していて「やっべえな!」と驚いていたんです。
そのウェアがもらえるイベントが4月2日からだったのでドキドキしながら待っていたのですが、まさか4月1日にタオル1枚でダンキラするとは……。露出が肩どころじゃない。

コーチU:わっしょいウェアを手に入れたときは「ちゃんと服を着ている!」と思いました(笑)。

ビロコ:『ダンキラ!!!』の開発会議をすごくのぞいてみたい。きっと「夜野零士のメガネは曇らせましょう!(※)」と誰かが提案したはずです。
イベントタイトルといいエイプリルフールといい、男女関係なく楽しめるバランス感も魅力的だと思います。

(※)曇るメガネ
蒸気で前が見えない。温泉だから仕方ない(2回目)。

座談会後編では推しへの愛が限界突破!まだまだ尽きない『ダンキラ!!!』談義をお楽しみに。


『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』公式サイト
https://www.konami.com/games/dankira/


 

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ