花田優一「ふざけんなよ!」 神田伯山のために作った40万円の靴をあっさり失くされる

現在最もチケットが取りにくいと言われている講談師・神田伯山。歯に衣着せぬ物言いでバラエティ番組やラジオ番組にもレギュラー出演しているが、その神田伯山の2月11日に行われた襲名披露興行に合わせて靴を作ったのが、元横綱の貴乃花光司と元フジテレビアナウンサーの河野景子の長男で靴職人の花田優一だ。神田は靴代に40万円も払ったにもかかわらず、その靴をあっさり失くしてしまったという。

神田伯山と滝沢カレンのバラエティ番組『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)にたびたび出演している花田優一。2019年12月14日深夜放送の同番組(当時の番組名は『松之丞カレンの反省だ!』)で、神田が「テレビ関係なくお金出すからさ、作ってもらおうかな」「優一の靴へのこだわりを見た上で、金をドブに捨てたいよ」と花田に靴をオーダーした。花田は「ぜひ!」と快諾し、翌年2月11日に開催が決まっていた伯山襲名披露興行のときに「スーツを着るときもあるから、優一の靴で行こうかな」と自身の晴れ舞台で花田の靴をスーツに合わせることに決めた。

そして3月14日深夜放送の同番組では、その靴を納品するまでを公開。襲名披露興行を数日後に控えた2月5日に、神田と靴の件で待ち合わせた花田。神田が「できたの?」と完成しているのかと思いきや、なんとまだ木型を神田の足裏に合わせるという。「まだ木じゃん! 大丈夫?」と驚く神田。誰もが間に合うのか心配するなか、花田は襲名披露興行前日に靴を届けに神田の楽屋を訪れた。

「スーツに合うように」と花田が作った先端が角ばっていてヒモで結ぶタイプの靴を見て「おおっ、おおっ、かっこいいじゃない?」と神田は気に入った様子。1本ずつ手縫いで作ったという花田に、神田は「良くできてるね。全然ミスないよ」と褒めてから「やり直しはしたの?」と聞くと、花田は「やり直しはないです。やり直しする時間はなかったので」と返した。神田は「時間がない…」と花田の言葉を繰り返し、一抹の不安を覚えながらも、実際に足を入れて「ぴったりだね。あ、いいね、いいよ、これ。ちょっと見直しましたよ」とご機嫌だった。しかし靴代40万円を払う段階になると「40万はぼったくり。原価はいくら?」と粘るが、花田も「イタリアで作ったら60万円はする」と応戦。神田が実際の価値として「2万2000円ぐらい」と言うと、花田はすかさず「ふざけんなよ!」と怒っていた。

いざ襲名披露興行当日、新宿末廣亭にスーツ姿に花田優一が作った靴を履いて現れた神田伯山。「気に入ってますよ。ちょっと履きにくいんですけど。オーダーなのに履きにくいんですけど」と履く際に時間がかかるとこぼしていたが、笑顔で襲名披露興行に臨んだ。

それから約3か月経った5月16日深夜放送の同番組に花田優一がリモート出演した。そこで「一番気になっているのがその靴履いてくださっているのか」と神田に尋ねると、神田は「嘘じゃなくホントなんだけど、失くしたのよ」とまさかの告白。「俺も本当にこれは珍しいことだと思っているんだけどなくなってね」と続けると、これには花田も動揺したようで「どういうこと?」と聞くと、神田は「ないんだよね、どんなに探しても」と言うばかり。すると花田が「前の放送で『あいつの靴は履きにくい』とか訳の分かんないこと言ってるのを見たんですけど」と切り込むと、神田は「いや違うんだよ。履きにくい以前にもうないんだよ、あの靴」と言ってのけ、花田は「ふざけんなよ! あんなに頑張ったのに」と頭を抱えて嘆いた。

自ら花田にオーダーして、花田が丹精込めて作った靴を「1回履いただけで別のところに置いています」とも語っていた神田伯山。その場所を忘れてしまったのか、1足40万円払ったものの晴れ舞台で一度きり履いただけの幻の靴になってしまいそうだ。

画像2、3枚目は『花田優一 Yuichi Hanada 2020年3月14日付Instagram「伯山カレンの反省だ!」、2020年3月15日付Instagram「本日、「伯山カレンの反省だ!」にて放送されました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ