『ミスFLASH2021』絶賛募集中、現在活躍中のOGに聞いてみた

dwango.jp news

2020/5/12 05:00


5月12日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、募集中のグラビアオーディション『ミスFLASH2021』の歴代グランプリに応募当時のエピソードを聞いている。応募しようか迷っているコは必読だ。

コメントを寄せてくれたのは、人気深夜バラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』でおなじみの金山睦、豪華なキャスト陣で盛り上がる『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に木曜日レギュラーで出演中の池田裕子、1月に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でセクシー空手対決を披露して話題になった保﨑麗の3名。


「ミスFLASHを受ける以前から活動していたのですが、もっと有名になってグラビアで一番になりたいと思って応募。選考はオーディション形式ですが、ライバル同士が仲よしだったので、『心細いのはみんな一緒!』と励まし合いながら乗り越えました。ミスFLASHになると1年間のスケジュールがびっしり詰まるし、いろいろな経験ができるので、今でもこの"冠"を大切にしています」(金山睦)

「名刺代わりになるような肩書きが欲しいと思って、マネージャーさんに直訴して受けました(笑)。ふだんやっていない撮影会や、配信を通してファンの方々との交流が活発になったオーディション。自分の魅力やタレントとしての特性を考えながら、意識を高めるきっかけとしてチャレンジするのがいいと思います。応援していただいた皆さんの期待に応えるタレントになりたいという意識も強まります」(池田裕子)

「グラビアの経験がなかったのですが、『なんでも挑戦してみよう!』という気持ちで受けました。SNSもやっていなかったので、選考の序盤は順位もすごく下のほう。順位が上のコの配信をこっそり見に行ったり、グラビア誌でポージングを学んだりしていました。グランプリになると、ドラマ、CM、モデルなど、活躍の幅を広げられるので、環境の変化がすごく大きかったです」(保﨑麗)

『ミスFLASH2020』でグランプリに輝いた藤田いろは、崎川みずき、白宮奈々のソロイメージDVD『ミスFLASH2020 藤田いろは/崎川みずき/白宮奈々』もラインコミュニケーションズより発売中。今、グラビアで熱い視線が注がれる3人の映像をチェックしよう。

応募方法はミスFLASH公式サイトをチェック。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、今年はオンラインを中心にした選考方法を検討中です。応募締め切りは6月12日(金)に延長されました。

<雑誌情報>

週刊FLASH

5月12日(火)発売

定価480円

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ