一番読まれた人気記事は? 週刊話題のニュースまとめ(5月1日~7日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。
集計期間は2020年5月1日から5月7日だ。

新型コロナウイルスの問題で、非常にさびしいゴールデンウィークとなってしまった。
そして案の定、緊急事態宣言は5月31日まで解除延期となった。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<5月1日~5月7日>
【20位】
『ドラえもん』らしさあふれる壁紙無料ダウンロードがスタート!
【19位】
アニメ『名探偵コナン』R96話「高木刑事3千万拾う(デジタルリマスター)」あらすじ&先行カット
【18位】
舌出し顔も付属! 『ヒロアカ』より敵<ヴィラン>連合メンバー・トガヒミコがねんどろいどに!
【17位】
「俺たちがウルトラマンだ!」ULTRAMAN SUITSがねんどろいどに!
【16位】
お家でアニメで楽しもう! ゴールデンウィーク編
【15位】
『鬼滅の刃』ファッションに推し活を忍ばせる!プチキャラグッズ発売
【14位】
円谷プロによる在宅支援プログラム『Stay At Home With ULTRAMAN』始動!
【13位】
『天保異聞 妖奇士』の世界ーー藤原啓治追悼放送に寄せて
【12位】
『はめふら』第6話あらすじ公開! ジオルドから湖に誘われるカタリナ!
【11位】
放映20周年をむかえた人気キャラ、スポンジ・ボブがナノブロックで登場!

20位、16位、14位は自宅待機関係の記事がランクイン。
テレワークや自宅待機に向けた各種の無料提供もすっかりおなじみになってしまった。企業側の善意によるサービスなので、気に入ったらチャンネル登録などをしていただきたい。

12位には『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の先行カット&あらすじがランクイン。
放送延期・一時休止など色々残念なことになる作品が多い今期アニメの中で、『はめふら』はクオリティを維持しつつ放送を続けている。

さて、また妖怪アマビエのお話をさせていただきたい。
アマビエのいいところは、その力でコロナが本当に収まる、とは誰も思っていないことにある。26度のお湯を信じるのとは意味が違う。アマビエには人々の純粋な想いが乗せられていくのかもしれない。

そんなアマビエだが、着ぐるみが誕生しているのをご存じだろうか。
ローカルヒーロー『薩摩剣士隼人』を作ったアドベンチャーによって製作されており、隼人と一緒に小学校の校庭にアマビエの絵を描いたりしている。
YouTubeの薩摩剣士隼人公式チャンネル内で「アマビエちゃんねる」が展開されているとのことだ。

さてそれでは10位から1位まで、カウントダウン!

<5月1日~5月7日>
【10位】
ガンダムヘッドからメガネが出撃!! 『機動戦士ガンダム』放送開始40周年コラボアイウェアが発売
【09位】
今度の素子はかわいい系!?『攻殻機動隊 SAC_2045』神山健治+荒牧伸志両監督インタビュー
【08位】
シャアが”コリ”にくる! シャア・アズナブル限定デザイン磁気ネックレス、リリース
【07位】
『テニスの王子様』1巻~27巻を期間限定で独占無料配信! 青学VS立海大、激闘を制したのは!?
【06位】
『鬼滅の刃』たまごっち登場!「柱」も夢じゃない⁉︎ 鬼殺隊士を育てよう!
【05位】
こどもの日は! おうちで楽しく『キョロちゃんかぶと』作り!
【04位】
全ガンダムの中で一番歌われている主題歌は? 『本当に歌われているアニソン』ガンダム編!
【03位】
5/4は食玩盛りだくさん! 仮面ライダー、ULTRAMAN、キラメイジャー、名探偵コナン!
【02位】
ドラえもんからのメッセージ「STAY HOME」プロジェクト
【01位】
シャア専用モデルのメガネ登場「見えるぞ、わたしにも敵が見える!」 | アニメージュプラス - アニメ・声優・特撮・漫画のニュース発信!

6位は「きめつたまごっち」の記事。これとは別に使徒を育てる「エヴァっち」も先日発表されている。たまごっち自体がすでに24年の歴史を刻んでおり、大学生以下の人にとっては生まれた時からある玩具だ。このところのキャラコラボによって、何度目かのブームが再燃するかもしれない。

3位は毎週お届けしている食玩情報の記事。5位以内の上位に来るのは初めてである。閲覧数を牽引したのはこれまでなかったULTRAMANか、名探偵コナンか……。
実はタイトル文にもタイトル画像にも入れていないが、今回「クーナッツ JAPAN」というノンキャラのアイテムを扱っている。ひょっとすると「アニメージュプラスではノンキャラが意外と強い」説の裏付けなのかもしれない。

そして1位はガンダムの、というよりシャアのメガネの記事。今回、ダントツの閲覧数だった。「圧倒的じゃないか、我が軍は……」っと、これはシャアではなくギレンの言葉だった。10位以内のガンダム系記事は、全て1位の記事の関連記事として閲覧数を伸ばしている。
以前よりシャアまたはジオン軍と絡めた実用系アイテムの記事はかなりの人気を得ている。アニメージュプラスのガンダムファンに関しては圧倒的にシャア派・ジオン派が多い、といえるかもしれない。

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ