【閲覧注意】世界のミュージアム集合! ヨークシャー博物館が呼びかけた「不気味な収蔵品バトル」

grape

※写真はイメージ
「集合!#CURQTORBATTLEの時間です。今日のテーマは“#CreepiestObject(最も不気味なもの)”」

2020年4月17日。イギリスのヨークシャー博物館(@YorkshireMuseum)が世界中のミュージアムにむけて呼びかけました。

メッセージと一緒にアップしたのは、3~4世紀頃のローマ人女性が使っていたとされるhair bun(つけ毛)。間違いなく誰かが使ったであろう、ジェットピンが刺さったままの状態の髪の束はなんとも気味が悪いですね。

このツイートに、世界中のミュージアムが負けじと自慢の不気味な収蔵品で応じました。

スコットランドの国立博物館は、ヤバ過ぎる「人魚」のツイートで応戦します。

イギリスのノリッジキャッスルミュージアムは、ピンクッション(針刺し)。

豆のサヤに見立てたピンクッションですが、中の豆の部分が子供の顔になっていてちょっとキモい…これに針を刺すかと思うとゾッとしますね。

中にはこのバトルに参加するためだけにTwitterを始めた博物館も登場します。

「私たちは参加するためだけにTwitterに入りました。19世紀初頭のドイツからのワックスの子供のマネキンです」

投稿したのはカナダのミュージアム・オブ・フェア・アンド・ワンダー。

この人形は、暖房付きの屋根裏部屋で長期間裏向きに置かれていたために鼻がぺちゃんこになったのだそう。これまた薄気味悪いですね。

このほかにもたくさんの不気味な所蔵品が投稿されています。軽い気持ちで覗くと後悔する人もいるかもしれません。覚悟してアクセスしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @YorkshireMuseum@NatSciNMS@NorwichCastle@MuseumFear

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ