岡村隆史の不適切発言 たけしは「ネタを間違った」カズレーザーは「不快に思う人は署名活動を」

岡村隆史が風俗店を巡る不適切な発言について、4月30日放送の深夜ラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で生謝罪した。さらに途中から出演した相方の矢部浩之が1時間以上にわたり岡村を公開説教したところ、その厳しい言葉がTwitter上で「矢部の話の重み」「この激励が良い方向に変わるきっかけになりますように」と反響を呼んだ。ただ謝罪後も批判する声は続いており、騒動がおさまるには至っていない。なぜここまで炎上したのか、ビートたけしやカズレーザー(メイプル超合金)がそれぞれテレビ番組で興味深いコメントをしている。

ビートたけしは5月2日放送のTBS系『新・情報7DAYS ニュースキャスター』で、岡村隆史が4月23日に『オールナイトニッポン』で話した風俗店を巡る発言について「岡村はネタを間違ってるんだよ、コロナじゃなくてバブルの時のネタなんだよ」と指摘した。

1990年代のバブル崩壊時代に、ラサール石井が話した「バブルの時は銀座で50万円払ってもお尻を触ると『いやらしいわね』と怒られたが、バブルが弾けたら新宿で1万円払えば付き合えた」というネタを振り返って「それをコロナの時にしてはいけないんだよ、間違っちゃったんだよ」というのだ。

安住紳一郎アナウンサーが「たけしさんは(リスナーに)真意が伝わらなかったとみているわけですね」と確認したところ、「うん、使っちゃいけないネタがあるんだよ。バブルで弾けた時には使えるけど、コロナのネタは使えないのに間違えたんだよ」とうなずいた。

ビートたけしがお笑い芸人の視点から岡村隆史がネタの選択を間違ったと解釈したのに対して、より世論に目を向けて厳しく指摘したのがカズレーザーである。

3日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』で岡村隆史が生謝罪した際に相方の矢部浩之が公開説教したことに触れると、カズレーザーは「外部に対して何かメッセージがあって、それがいろんな問題に発展してしまった」という現状がありながら「コンビ間同士というちょっと狭い範囲に落とし込んだ」のはいかがなものかと指摘した。

ネット上では岡村自身の「女性軽視」を批判する声が見受けられ、NHK総合『チコちゃんに叱られる!』の降板を求める署名活動まで起きた。カズレーザーはそのような動きについて「あの発言に不快感なり思う事がある人は署名活動をするべきだと思う」と共感しつつ、もし集まった署名を渡された時にどう考えるかは「岡村さん次第だと思います」と補足していた。

岡村の不適切発言をビートたけしが「ネタを間違った」と指摘したのに対して、カズレーザーは「何かメッセージ」があって問題視されたと指摘しており、表現の違いはあるが「岡村の発言に配慮が足りず」批判を招いて炎上に繋がったという点は一致する。

Twitter上では「たけしさんの言う通り 大したことを言ってないが 時期が悪い! 確かに 間違えたね」、「さすが、たけしさんや。 的確。お笑いだから笑いは取らなくちゃね。だから使い方」という声や「岡村の発言でのカズレーザーの見解…かっこいいなあ惚れるやん…」、「カズレーザー手厳しい… ただ岡村の場合、テレビ・ラジオに出続けることが、リハビリになるので降板という選択はしないはず」などの反響があった。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ