自宅から天気予報を伝えていたキャスター 飼い犬に画面を乗っ取られる(米)<動画あり>

生放送にハプニングはつきものだが、米フロリダ州タンパベイの自宅で先月末、天気予報を伝えていたはずの画面が気象予報士の飼い犬によってハイジャックされ話題となっている。この放送の様子はSNSでシェアされ、『FOX 13』『Orlando Weekly』などが伝えて拡散した。

フロリダ州タンパのテレビ局『FOX WTVT』に勤める気象学者ポール・デェガットさん(Paul Dellegatto)が先月末、自宅から生放送で天気予報を伝えていたところ思わぬハプニングに見舞われた。

書斎で腰を下ろし真剣な面持ちでカメラを見つめていたポールさんは、フロリダ州の地図を使って気温や湿度の説明をしていたが、そこに登場したのがオスのゴールデン・レトリバー“ブロディ(Brody)”であった。

突然の乱入者に動揺した様子のポールさんは、ブロディに膝の上に載るように促すとカメラに向かってこう述べた。

「テレビ画面の地図は動かなくなってしまったんだ。たった今、ブロディが頭でコンピュータを倒しちゃったんだよ。だからこれから(天気を)口頭で説明させてもらうよ。」

ポールさんはブロディのお腹を撫でながら天気の解説を続けるが、ブロディはポールさんのすぐそばに顔を近づけ「生放送だろうがそんなこと全く関係ないね」といった様子で寛いでいる。ポールさんは解説の合間に「(コンピュータを倒したのは)賢いとは言えないね」と説教しているが、ブロディは相変わらずマイペースで天を見上げてあくびまでする始末だった。

ポールさんはなんとかその場を取り繕うと、ブロディに「この後、食事にするからね」と話しかけて自分の膝の上から降ろしたが、これが大きな間違いだった。

ブロディが向かったのは窓の外にいたカメラマンのもとで、生放送中の画面にはブロディの顔がどアップで映し出されたのだ。ポールさんはブロディの背後で「オー、ボーイ。オー、ボーイ」と言うのが精一杯で、暴走するブロディを見つめている。その後ポールさんは「ブロディはジャンプして窓の外にいるカメラマンのクレイグを探しているんだよ」と顔をこわばらせながら説明を入れるが、カメラは完全にブロディにハイジャックされてしまっている。

これには番組キャスターのリンダ・ウルタドさん(Linda Hustado)も笑うしかなく、「これはいいわ。(天気予報の)地図なんかいらないわよ。ブロディを見ていましょうよ」とジョークを飛ばしていた。

この放送はSNSでシェアされて拡散し、「今までで見た中で最高の天気予報だわ」「ブロディ、最高」「こんな天気予報、いつもやってくれたらいいのに」「お腹が空いていたんだよね。次回からは、スナックをあげてから放送するといいね」「可愛いから、レギュラーで天気予報に出演させるべきだわ」「ポールさんの机にゴールデン・レトリバーの写真がある! この犬が好きなんだね」といったコメントがあがっている。

ポールさんによると、机の上のゴールデン・レトリバーの写真はブロディではなく、1年前に亡くなった“スパーキー(Sparky)”なんだそう。また今月に入りリモートワークが終了し、ポールさんは『FOX 13』のスタジオから放送を開始するようになったため、今後ブロディが生放送に乱入する可能性は低いということだ。ポールさんは、人気急上昇中のブロディについて「今後はSNSでアップデートすることにするよ」と述べている。

画像は『Kathy Mair 2020年5月1日付Twitter』『Robert Maguire 2020年5月1日付Twitter「This is weirdly my favorite part of the video.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ