大人の色気漂う嵐の楽曲がズラリ。「truth」で見せた別の顔!

UtaTen

「かわいい」から「大人な」嵐への急成長




Disc2は、嵐のパプリックイメージに近い、明るく、前向きな楽曲が多く収録されています。

春に聴きたくなるような季節感溢れる楽曲や、風を感じるような爽やかな楽曲を堪能できる1枚といえるでしょう。

「サクラ咲ケ」



受験シーズンにぴったりの『サクラ咲ケ』は「城南予備校」のCMソングに起用されました。

メンバーの櫻井翔も出演したので、CMでも歌でも励まされた受験生のファンは多かったのではないでしょうか?

出会いと別れの季節である前に、受験生にとってはこれまでの努力が実るかどうかが一番大切な時期。

背中を押してくれる歌詞が力強く、明るくノリもよいので、季節問わず愛される楽曲でもあります。

嵐の曲の中でもライブの定番曲にもなっている『サクラ咲ケ』は、サビ部分での特徴的な振り付けも魅力で、桜のはなびらがひらひらと舞い散る様子が目に浮かびます。

前を向きたい時に、ぜひ聴いてみてくださいね。

「WISH」



春満開の『サクラ咲ケ』の次にリリースされた『WISH』は、松本潤の主演ドラマ「花より男子」の主題歌です。

季節は打って変わって冬。まさにクリスマスにぴったりの、ロマンチックで愛に溢れている曲です。

ライブではドラムの音に合わせてメンバーがドラムを叩く真似をしたり、うっとりと聴き入ったり。

ロマンチックなだけでなく、ポップでノリのよい曲が、冬のデートにぴったりのラブソングです。

クリスマスソングとして外せない一曲でもありますね。

「きっと大丈夫」



『きっと大丈夫』もCMソングですが、他のシングル曲と異なり、アルバムからの先行シングルです。

テレビCM「C1000×嵐編」にはメンバー全員が出演し、5人のかっこよく爽やかな雰囲気が見事にマッチ。

仲のいい仲間同士で集まった日々を懐かしく思い出しながら毎日頑張る姿がすがすがしく、仕事に追われて疲れ切っている人に、元気と力を与えてくれるような楽曲です。

タイトルにもある通り「きっと大丈夫」という言葉で、ふっと身体が軽くなるような、思わず口ずさみたくなる嵐の元気ソングです。

「アオゾラペダル」



『アオゾラペダル』は作詞をスガシカオが手がけ、PVの原案はメンバーの二宮和也が手がけた豪華な楽曲です。

遠い過去を振り返りながら、もう戻らない時を後悔しているような、どこか切ない雰囲気ですが、それでも最後には前を向こうとしている姿が健気です。

PVは『WISH』と同じ監督が務め、ドラマ風の仕上がりに。

また、PVには当時セブンティーンの専属モデルを務めていた佐藤ありさなど3人が出演し、嵐の他のPVとはひと味違った雰囲気を楽しめます。

「Love so sweet」


▲嵐 - Love so sweet [Official Music Video]

この曲名を聴いて「花より男子」を連想する人も多いのではないでしょうか?

嵐人気に火を付けた楽曲でもある『Love so sweet』は「花より男子2(リターンズ)」の主題歌。

恋人たちのラブラブな雰囲気が溢れる、かわいい胸キュンソング。嵐の曲の中で高い人気を誇り続けるのもうなずけます。

オシャレな衣装に身を包んだメンバーが、ショウウインドウのマネキンになりきっているPVは必見。

少女の前で必死にマネキンを演じる姿や、様子をうかがう様子はファンタジックで、映画の一場面を見ているかのようです。

好きな人との愛を誓う、どこまでもハッピーでかわいらしい楽曲は、一度聴いたら好きになること間違いありません。

「We can make it!」



嵐のメンバーはアイドルとして、歌の仕事以外に俳優業もしているため、ドラマ主題歌を務めることがしばしばあります。

『We can make it!』も、松本主演のドラマ「バンビーノ」の主題歌になりました。

思わず一緒に歌い出したくなるような、明るく楽しい雰囲気の曲ですが、この曲には原曲があります。

Agnes Carlssonというスウェーデン歌手の「Love is All Around」という曲に、日本語の歌詞とラップを加えて完成したという、特殊な成り立ち。

嵐をきっかけに原曲の方も聴いてみると、これまでとは違った楽しみ方ができるかもしれません。

「Happiness」


▲嵐 - Happiness [Official Music Video]

タイトルから幸せいっぱいのこの楽曲は、櫻井と二宮が出演したドラマ「山田太郎ものがたり」の主題歌です。

PVではメンバーがゲームをしたり、バランスボールに乗ったりと、楽しいカット割りが満載。

曲を聴くだけでも楽しめますが、映像でも楽しみたくなる楽曲になっています。

歌番組でも披露される機会の多いこの曲は、サビでの走り出すような振り付けがとてもチャーミング。

5人のキラキラの笑顔とかわいいダンスも見逃せません。

「Step and Go」



嵐の歌とダンスをシンプルに味わえる楽曲です。

5人のハーモニーはもちろんのこと、嵐のリーダーであり、歌唱力の高さに定評のある大野智の美声を楽しむのにぴったり。

さらにキレがあってしなやかなダンスは一見の価値あり。

気になるPVは、メンバーのダンスをハイスピードカメラで撮影したもので、シンプルに嵐のかっこよさを楽しみたいファンにはたまらない内容です。

ぜひ、歌だけでなく映像の方もチェックしてみてください。

「One Love」



嵐の曲の中でもランキング上位に入り、カラオケでも人気の高い曲といえば『One Love』でしょう。

嵐人気の起爆剤ともいえる楽曲で「花より男子F(ファイナル)」の主題歌になりました。

100年の愛を誓うこの曲は、結婚式で使用されることもあり、ウェディングソングとしても人気を誇ります。

テレビで歌われる場面では、メンバーが真っ白な衣装で登場することも多く、まさしくウェディング。

恋ではなく永遠の愛を誓い合う、どこまでもロマンチックな歌詞がファンの心を鷲づかみにします。

人気が高いのもうなずける、嵐屈指のラブソングといえるでしょう。

「truth」


▲嵐 - truth [Official Music Video]

『truth』は、嵐のイメージをがらりと変えた一曲といえます。

華やかな嵐のイメージとはかけ離れた、ダークさと救いようのない悲しみが溢れています。

大野が連ドラで初主演を果たした「魔王」の主題歌であり、曲のテーマは「悲しみ・復讐・無常」。

ドラマで演じた成瀬領は、強い憎しみと悲しみを抱きながら復讐劇を繰り広げる役。

ほっこりとした大野のイメージとも、嵐が持つイメージともまったく異なるダークな楽曲は、まさに作品世界にぴったりです。

憂いを帯びた大野の表情と、しなやかなダンスを堪能できる曲でもあり、大野ファンにとってはたまらない曲でしょう。

嵐のひと味違った雰囲気を味わいたい人にも、おすすめの一曲です。

「風の向こうへ」



『truth』の両A面シングル曲で、こちらは北京オリンピック放送のイメージソングに抜擢されました。

ダークな雰囲気の『truth』とは打って変わって、爽やかな風を感じさせるアイドルらしい楽曲になっています。

また、この曲のテーマは「自分を超え、きみを超え、追い風の向こうへ」。

まさしくオリンピックにふさわしい、前向きで力強いテーマです。

興味深いのは、櫻井が手がけたラップ詞。自身が日テレ系の北京オリンピックキャスターを務めていたこともあり、選手への思いを乗せた歌詞になっているのです。

曲を聴く時には、ぜひラップ詞にも注目してみてくださいね。

「Beautiful days」



『Beautiful days』は、二宮主演ドラマ「流星の絆」の主題歌です。

ドラマ自体は両親を殺した犯人を捜すという決して明るくないテーマでしたが、錦戸亮や戸田恵梨香が二宮の兄弟役で登場し、豪華キャストにも注目のドラマでした。

話の内容に対して優しく、どこかかわいらしい雰囲気のある楽曲ですが、曲の雰囲気が作品の重さを中和し、希望を与えてくれます。

テレビなどで披露される時には、ダンスやフォーメーションなどの大きな動きはなく、じっくりと耳を傾けるタイプの楽曲になっています。

5人のハーモニーや空気感を楽しみながら聴きたい楽曲といえるでしょう。

「Believe」



『Believe』は、櫻井主演の映画「ヤッターマン」の主題歌で、大野主演ドラマ主題歌『曇りのち、快晴』との両A面シングルです。

竜の子プロダクション作品ということで、PVではメンバー5人がタイムボカンシリーズのヒーローとして登場。

普段の嵐とはまったく異なる世界観を楽しむことができる、貴重なPVになっています。

軽やかなダンスやソロパートが魅力的な楽曲なので、ライブ映像も必見。

ぜひPVとライブ映像、それぞれチェックしてみてください。

「明日の記憶」



『明日の記憶』もドラマ主題歌で、櫻井翔主演の「ザ・クイズショウ」の世界観、ストーリーとリンクした楽曲になっています。

心に傷を負い、過去に苦しみながらも最終的には前を向いていくストーリーと『明日の記憶』に漂う、もの悲しい世界観が見事にマッチ。

切ないけれど、悲しみの先にある光を歌った、嵐らしい楽曲になっています。

ドラマをまだ見たことがないという人は、見てから改めて聴くと、違った印象で楽しむことができると思いますよ。

「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」



シングル『明日の記憶』に収録されたこの曲は、コーセー「エスプリーク・プレシャス」のCMソングです。

切ない印象の『明日の記憶』とは対照的に、非常にテンポがよく、イントロからテンションが上がり、アイドルとしての嵐のかっこよさに魅了される一曲。

メンバーの中でも男前ぶりを発揮する松本のささやき声が、女性ファンを虜にします。

PV撮影は幕張メッセで行われ、アイドルらしい華やかでキレのあるダンスを楽しむことができる曲ともいえるでしょう。

自由気ままで掴めない女性に心奪われ、翻弄される男心が母性をくすぐります。

「Everything」



『Everything』は、何気ない日常を切り取りながらも、変わりゆく毎日にどこか切なさを感じる一曲です。

二度と同じ日は来ないし、後戻りもできない。

そんな切なさを抱えながら、人は時に迷いながら前に進んでいくものです。

この曲は、メンバーが出演するauのCM「去年と違う夏。」にも使用されていて、変わり続ける自分や、周りへの戸惑い、ためらい、そして少しの力強さを感じられる曲。

足早に過ぎていく日々の中でふと立ち止まった時、そっと背中を押してくれるような、寄り添ってくれるような、そんな優しい歌詞が印象的です。

嵐の曲の中では比較的落ち着いた曲ですが、だからこそじっくりと耳を傾けたくなりますね。

「truth」で見せた嵐の変化




Disc2は、初期の嵐に漂っていた、元気さ、男臭さ、かわいさから脱却し、大人の雰囲気をまといはじめた、嵐の変化が見て取れる内容になっています。

『サクラ咲ケ』から始まり『One Love』まではポップさやかわいらしさ、アイドルらしい華やかさのある曲が目立ちますが、『truth』で一皮剥け、大人の階段を一段上がった雰囲気を感じさせます。

『風の向こうへ』以降は、元気さやかわいさよりも、心にそっと寄り添う曲や、痛み、悩みなど、誰もが抱える思いを歌い上げるしっとりとした曲が多くなっていますね。

テンポのよい『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』にしても、これまでの嵐よりも大人の色気を感じさせ、アイドルとしての成長を感じさせます。

嵐がいかにして国民的アイドルになっていったのか?その軌跡を追うことができる、非常に面白いアルバムだといえるでしょう。

TEXT 岡野ケイ

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ